アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「占い『運命の扉』」のブログ記事

みんなの「占い『運命の扉』」ブログ


さあ、一年の始まりです!!!

2013/02/03 11:00
遅くなりましたが、

【明けましておめでとうございます】

四柱推命的には旧暦ですので二月が新しい年の始まりとなります。

今年は貴方にとってどんな一年になるのでしょうね。

去年辛かった方には少しでも今年が良い一年になるように、
又良かった方にはそれ以上に素晴らしい一年になる事を
心より祈ると共に今年も少しでも皆様のお役に立ちたいと思います。


是非、今年一年の貴方の運勢を知ってお役に立てて頂ければ幸いです。

新年2月のみのキャンペーン


 ・リビーターのお客様には通常のリピーター金額のまま、
 10分延長して鑑定させて頂きます。

 
 ≪例≫

 20分(3000円)を30分(3000円)
 30分(4500円)を40分(4500円)
 40分(6000円)を50分(6000円)


 ・初めてのお客様には通常金額より10%オフで鑑定させて頂きます。
 ≪例≫

 60分(10000円)を60分(9000円)
 45分(7500円)を45分(6700円)

是非、この2月中のサービスを御利用下さいね。。。
※御予約はお電話での御予約の方が早いのでお電話でお願いします。


今年一年が貴方にとって納得の出来る一年になりますように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雅沙羅の仲人日記 NO.2

2012/08/06 16:33
雅沙羅の仲人日記 NO.2

≪タイムリミット迫る女性陣の必死の戦い≫

リーマンショックに続き東北地方太平洋沖大地震もあり、
今まで四柱推命鑑定占いでキャリアアップの相談に来ていた私の女性のお客さんの殆どが
今さらながらの結婚相談に変わった。

「先生、ちょっと今まで聞いた事が無いのですが私の男性運や結婚運ってどうなってますか?」とか、
「やっぱり一人は心細いので結婚したくなっちゃったんですけど…」とか、
「今まで全然考えていなかったけれど結婚して子供を産みたい」等々…。

当然彼女達は今までキャリアウーマンとして社会の中でかなり活躍してきているので
年齢はアラフォー世代(38歳〜42歳くらい)と言う事になる。

男性と違い女性は子供を産みたいという事もありタイムリミットがある。

勿論、医学の進歩もあり40歳過ぎても充分子供は産める。
しかし、色々な面でのリスクも大きいのも事実。

そして、40歳前だから結婚したい、子供が産みたいと言う人ばかりではない。
女性陣はそれぞれに自分の理想の結婚時期や出産時期を持っているために、
それぞれのタイムリミットをしっかり感じている。

今回、婚活支援・仲人の【月下老人】を始めたが、
話を聞きたいと言う女性や所属したいと言う女性はかなり多く私自身も戸惑うほどの勢いだが、
それに比べ男性陣は全然違う。
やはり具体的なタイムリミットがないせいか、「結婚はしたいけど…」と言いながらも
その気持ちには明らかに切羽詰まった感は全く感じられない。

所属した人達の婚活に関しても男女の違いは明らかだ。

女性陣は毎日でも登録者データーを検索して出会いを求め、イイ人がいれば
「とにかく会ってみたい」とセッティングを希望してくる。
又「沙羅さん達がイイと思う人にも会いたいのでどんどん紹介して下さい」
「時間は相手の都合に会わせますので、遠慮しないで言って下さい」とか。

それに比べて男性陣と言えば「休みの日にもし時間があれば」とか
「気が向けば、ちょっと見てみるけど…」とか「とにかく任せる」ってな具合で、
女性陣とは婚活にもかなりの温度差がある。
そのくせ、男性陣はタイムリミット迫った女性からのお見合い希望を平気で断ってしまう事も
少なくはない。

まあ、何においても今は女性が強いから仕方がないと言えば仕方がないのだが、
タイムリミットに追われ焦りながらもけなげに努力を続ける女性陣の気持ちも
少しは感じてほしいな〜と思ってしまった1週間でした。

では今週もタイムリミット迫る女性のためにお見合いセッティング頑張ります!!!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「運命の扉 NO.39」 〜 結婚という誘惑 〜

2007/09/01 19:20
『運命の扉 NO.39』 〜 結婚という誘惑 B 〜

その夜、既に酔っ払ってどうしようもなくなった彼をそれでも彼女はいたわる様に
連れて帰った。

帰り際に彼女は何度も何度も
「ごめんね、ごめんね、こんなに酔っ払っちゃって!」と言って私に頭を下げていた。
酔っ払ったのは彼女じゃなくて彼なのに・・・。

後から考えれば、彼女は彼と一緒に居る幸せな姿を私に見せたかったと言うよりも、
第三者に見せる事で自分は今幸せなんだと・・・、結婚とはこういうものなんだと・・・、
無理やり思いたかったのではないか、自分自身に言い聞かせたかったのではないか・・・。

好きで好きで好きでたまらないのなら、
惚れて惚れて惚れ抜いているのなら、
愛して愛して愛し過ぎているのなら、
それならどんなに男に苦労してもいい、仕方がない、それが女の性なのだから。

でも彼女の場合は違う。
結婚にあこがれて結婚をしたくて・・・、周りの事ばかり気にし過ぎて焦って
自分の本当の恋愛を見失ってしまった。
一人舞台に共演者の出番はない・・・。

後日、私は気まずいまま帰った彼女に何を言ったらいいのか悩んだ末、
なるべく当たり障りのないメールを出した。
『彼を上手くコントロールして幸せになって。
友達や周りの人に言えない事があったら無理しないで又話しに来て下さい』と。

彼女から寂しい返信が届いた。
『ありがとうございます。
分かってしまったんですね、何もかも。
あの夜、もう一度最後に確かめたかったんです。
私は結婚して幸せなんだという事を、でもやっぱり違った。
私はただ結婚という形を作りたかっただけなんですね、きっと。
相手との事なんか全然考えていなかったみたいです。
今となっては・・・と言うか、親や周りに大騒ぎして結婚した手前、今すぐには離婚は出来ない
ので少しの間は我慢してみます。
その中で何かが変わるかも知れない、でももう駄目です、きっと。
何でこうなっちゃったんでしょう』

今でもスローモーション映像のようにあの時の青冷めていく彼女の顔が
私の瞼から消えることはない。

彼女のメールを読みながら、
結婚したいと愛くるしい瞳をパチクリさせていた彼女の笑顔と
凍りついたように青冷めて固まってしまった彼女の顔の間で
結婚という二文字が歪められて押し潰されていくのを私はゆっくり見ていた。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「運命の扉 NO.39」 〜 結婚という誘惑 〜

2007/08/30 19:44
『運命の扉 NO.39』 〜 結婚という誘惑 A 〜

35歳を過ぎた頃になると、彼女の話は会社の誰々が結婚したとか友達の誰々が結婚した
とか自分の恋の話ではなく周りの事ばかりを彼女は気にするようになった。
彼女はあきらかに焦りを感じているようで、決まって話の最後には「結婚したい!私だけ結婚
出来ないかもしれない」とよく口に出して言うようになった。
その度に私は
「ただ結婚がしたいの?相手の事はどうでもいいの?
焦らないで、人と比べることじゃないでしょ?ちゃんと結婚出来る時期がしっかりくるから!」
と言って結婚結婚と焦る彼女に人それぞれの結婚時期をよく説明していた。
彼女が焦って結婚して必要以上に相手に苦労するのではないかと心配だったからだ。


彼女の結婚式から半年が過ぎようとしていたある日の夜中、
彼女が今から旦那になった彼を連れてお店に行ってもいいかという電話を貰った。
時間も夜中の12時半を回っていたので既にお客様は帰り、私も二人とゆっくり話が
出来ると思い彼女達の突然の来店を大歓迎した。
と言うのも彼女の結婚式にどうしても私はスケジュールが調整出来ず参列しなかったために
彼に会うのはその日が初めてだったからだ。

少しハニカミながら挨拶した彼は携帯電話の写真から受けた印象と変わらず落ち着いた
感じを最初は受けた。
髪型のせいだったかもしれない。
彼女より二歳年下の彼だが、甘えん坊で寂しがり屋の彼女を充分引っ張っていってくれる
のではないかと私は勝手に思い込んでしまっていた。

彼女が幸せそうな笑顔で彼の紹介が終わった時、それは起こった。
きっと彼にとったら何の意味もない軽い気持ちで言った言葉だったのだろう。

「いき遅れていたから俺が貰ってやったんだよな!」

しかしその言い方や言った時の彼の態度があまりにも横柄で私にはとても冗談には
聞こえなかったので、「えっ何?その言い方、もう少し・・・」と口に出しそうになったが
彼女の手前黙っていた。
ただ大変不愉快な気持ちになったのは事実。
ここは彼女が連れて来た店なのだから、何もそこで彼女にワザワザ恥をかかせる事を
言うことはないだろうにと・・・、
急に私は彼女が気の毒になってカバーに入ろうと思い何か言おうとあらためて彼女の顔を
見た。

それはたった3秒くらいだったと思う。
さっきまで笑いながら話していた彼女の顔はひきつったまま凍りついたように青冷めて
固まっていた。
私は彼女の顔のあまりの変わり様にビックリして言葉を失ってしまった。
私が見ているのを感じたのか、一度ゆっくり瞬きした彼女は引きつったままの頬を無理やり
吊り上げると、私に向かって諦めたように口だけで少し笑って見せた。
彼女の目は凍りついたまま笑っていなかった。

私はこの瞬間、彼女を哀れに思ってしまった。
そして私は二度と彼を見ることはなかった。

その後、気を取り直そうと彼女は結婚生活のラブラブな話を私に無理やり話していたが、
それには本人も自分で話していながら矛盾を感じるのか、
又彼が何かとんでもない事を言い出すのではないかと怯えて話しているようで、
聞いている私も切なくなるくらいだった。

そんな彼女を横目に彼は何も気が付かないようで、小さな子供がよくやるように
場が持てないのか彼女が話している事とはまったく違う事を言っては茶々を入れていた。

何度も何度も彼女を愚弄する彼の言動にあまりにも彼女が可愛そうで私はそんな彼女を
見ているのに耐え切れなくなって、
「歌でも唄ったら!」と彼にカラオケを勧めた。
またもや呆れた発言。
「合コンで女の子にもてなくっちゃならないから練習しようっと!」
その言葉が冗談で言っているのではないのは、もう既に今までの彼の言動でよく分かった。
彼女の冷めた「そうだね、合コンでもてなくっちゃね」と言う、まるで小さな子供をあやす
母親のような言葉が自然に続いた。

そう・・・、彼は彼女より2歳年下と言うのではなく、ただの子供で、
その言動に全く悪気が無いと言うか悪い事なのかも判断が出来ないほど幼い。
それでも彼は30代後半の男である・・・。

彼女もこの半年で気が付いてしまったのだ。
彼が彼女を女として妻として見ているのではなく母親として見ている事を・・・。
そしてそれは彼女にとっては大変な屈辱で苦痛である事を。


Bにつづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「運命の扉 NO.39」 〜 結婚という誘惑 〜

2007/08/29 17:19
『運命の扉 NO.39』 〜 結婚という誘惑 @ 〜

「結婚したい!結婚したい!」
これが彼女のいつもの口癖だった。
そんな彼女が今年結婚した。

私はいつも甘たるい声ですがる様に話しに来る彼女を妹のように心配していたので、
結婚が決まった話を彼女が去年報告に久しぶりに来た時には占いとは関係なしに
純粋に喜んだ。
「良かったね〜!」
「でもタイプじゃないし、全然ドキドキって感じじゃないんだけど・・・、
いつの間にかいつも彼がそばに居てくれたから・・・」

そう、いつも彼女は私に付き合い始めた相手の誕生日を言って、
その相手がどんな人で自分との相性はどうかとか色々な事を聞きたがったが、
結婚相手となる男性に関しては珍しく何も聞かず又結婚の時期に関しても尋ねる事もなく、
ただ私に携帯電話で撮った彼の写真だけを見せただけだった。

私はいつもと違うこの彼女の言動を少し不思議に思ったが、本当に結婚するんだから
占いなんかに頼らないという思いからかな〜と、あえて何も聞かなかった。
私が不思議だと思った事はそのまま違和感を残し半年が過ぎようとしていた。

彼女との出会いは夜のお店からだった。
常連のお客さんの連れとして8年くらい前に彼女はキャリアウーマンとして私の前に現れた。
テキパキとした態度、確りした応答、柔軟な社交性、好奇心旺盛な大きな瞳をパチクリ
しながら話をする彼女には私も好印象だった。
彼女は私が四柱推命占い鑑定の占い師と知ると改めて昼間予約を入れてきた。

いざ彼女の占い鑑定をしてみると、彼女の表向きの部分とは全く違う部分が現れてきて
私自身は少し驚いたが、当の本人の彼女は自覚しているらしく「当たっている」とか
「その通りです」を連発していた。

彼女は四柱推命占い鑑定の五行十干で言うと、
木の五行の乙(草花)が中心となり冬生まれなので『冬の草花の人』だった。
基本的には結婚して子供を生んで幸せな家庭を作るという通常の女性の人生を歩む形に
なっており、仕事に生きるようなキャリアウーマン型ではなかった。
難を言えば、結婚運は確りあるが持って生まれた運も流れる運も晩婚で、
しかも本人が自分の意思では決めきれない弱さがあるため、男性との付き合いは出来ても
結婚に結びつき難い事が多く、
又時期が大切で本人が確り根を張れる時期でないと男性に振り回され苦労するという
要素が強く現れていた。

彼女がキャリアウーマンに見えたのは、
いつまでも結婚に踏み切れない自分の弱さの行き場として仕事にのめり込むという逃げ場が
あるためで、本人自身の願いは結婚にあった。

占い鑑定をして以来、彼女は時々仕事帰りに夜の店に飲みに来るようになった。
すっかり私のことを信用してくれたのか、初めて受けたキャリアウーマンとしての確りした
印象を彼女は脱ぎ捨てて、甘えん坊で寂しがり屋の素直な彼女の顔で仕事より
今付き合っている彼氏の話や恋愛の話をよくするようになった。


Aにつづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「運命の扉 NO.38」 〜 負け犬と呼ばれて 〜

2007/06/25 19:27
『運命の扉 NO.38』 〜 負け犬と呼ばれて 〜

少し前まで世間では『負け犬の遠吠え』という本が流行り、雑誌の特集記事を見れば
どこもかしこも「貴方は勝ち犬か、負け犬か?」という特集が組まれ、本当に一大ブームを
起こした。

負け犬の条件とは「嫁がず、産まず、この歳に」、30歳以上で結婚もしていなくて、
子供も産んだことがない女性のことを言うらしい。

そんなことを言えば、私の所に相談に来る独身の女性は殆どが負け犬である。
そして殆どの女性が負け犬から抜け出して勝ち犬になろうと必死にもがいているという事に
なる。
そう言っている私も『負け犬』の一人ということになる。

しかし占い的に言えば、幸せの形も時期も人それぞれなので、全員が全員、
結婚したから幸せになれるわけではないし、必ずしも20代で結婚しなければ不幸になる
訳でもない・・・、よく考えれば不思議な話である。

ただ、今30歳過ぎても結婚しない女性が増えてきたから、こんな現象が起きているのかも
しれない。

私が二十歳の頃はむしろ30代で結婚しないでキャリアウーマンというのは憧れの一つで、
自分も平凡な結婚をするくらいなら、あんなふうに仕事をバリバリやって男性に頼らず颯爽と
生きていきたいと思っていた。
それは私だけじゃないと思う。
身体にピッタリ合った上下のスーツに身を包み、男性達に混ざって堂々と仕事の話をしている
女性を見るにつけ、本当に格好イイと思った。

それなのに、こんな女性が増えると・・・、格好イイと思っていた女性は今の時代『負け犬』?

これを書いている私も『負け犬』で、この文章は『負け犬の遠吠え』ということになる。

しかし、独身女性が「結婚したい」と相談してくる傍らで、『勝ち犬の遠吠え』もかなり多い。
実際、離婚率も毎年毎年上がっているのも確かで、最近見たニュースでは5組に1組が
離婚の確率があると言っていた。

『勝ち犬』の相談は
「この結婚は間違いだった。別れたいけど将来が不安なので別れられない。
私にはこの先、又出会いがありますか?」

このことを『負け犬』が聞いたら、きっと「まだ懲りないの?」「又男に頼るの?」
「いい加減にしてよね!」ってとこになるだろう。

私も言い訳ではないが、結婚している人から離婚や家庭生活の相談を受ける度に
どんどん結婚が遠のいて行く感じがする。
そして彼女達の顔は『負け犬』と言われている独身女性達の顔より、はるかに不幸で
疲れている。
それでも世間では『勝ち犬』。

私から見ると『勝ち犬』にも『負け犬』にも遠吠えはある・・・。
【隣の芝生は青く見える】と言うが、自分とこに無いモノに魅力を感じるのは
是人の世の常で、実際やってみないと分からないことも多いはず。

こんな時代だからこそ、周りに流されず、自分の本当の幸せをゆっくりみつけていこう。
幸せの形も時期も人それぞれ、絶対、人と比べるものではない。
そんなことで本当の自分の幸せを見失ってはいけない。
『負け犬』にも必ず幸せはやってくる。
少しずつだけど、その幸せに向かって今日も元気に明るく頑張っていこう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「運命の扉 NO.37」 〜 独立という名の孤独 〜

2007/06/18 17:36
『運命の扉 NO.37』 〜 独立という名の孤独 B 〜

彼は退職金をシステムの開発に100万円かけた以外は一切使っておらず貯金してあると
言った。
驚くことはまだまだ続く。
彼の考えでは、独立してすぐ仕事は回り、3ヶ月以内には自分で事務所を借りる。
会社の運用費は仕事が回るので、自分の退職金はシステムの開発で使った以上は
絶対に使わない。
こんな独立聞いたことがない。

私は少なからず若い頃からいつも自営だったので、仕事の内容は別にしてもゆっくり細かく
自営とはこんなもんだと話始めた。
「だいたい、1〜2ヶ月で独立して上手くいくなんて思って独立する人なんていないと思うよ。
やっぱり最低でも半年から1年は・・・って思う。
それにそれは死に物狂いで頑張って頑張ってっていう人で・・・。
貴方の今の悩みは、本当だったら早くて半年以上独立して頑張ってきた人で、
普通だったら2年くらいやっていて資金繰りにも困って、もうどうしようもないって言う人の
相談事で・・・」

彼は黙っていた。
「いいの?2,3ヶ月で判断しちゃって!自分はお金の面でも努力の面でも何にも
傷ついてないくせに、このまま逃げ出しちゃっていいの?」

私はたまりかねて感情をあらわにして彼を叱ってしまった。
次に彼を見た時、彼の目からは涙が流れていた。
強気のはずの彼は一人ぼっちだった。

「独立するって本当に孤独な事なんだよ。
貴方が今陥っている状態って最初から予想していても・・・、実際サラリーマンの人が
独立するとみんな陥るの。
私もね、独りで煮詰まったときは仕事関係じゃなくても誰かに会って話したりするんだよ。
その中でアイディアが生まれたり気分転換したりして、自分に自信を取り戻していくの」

独立は本当に孤独だ。
そして自由ほど難しいものはない。

涙を拭きながら彼は言った。
「そう言えば、前の会社でも心から何でも話せるって友達はいなくて・・・。
誰にも相談出来なくて・・・、自分は、全然人徳がないんです・・・」
「格好付けてるんじゃないの?自営は自分でも何でもやらなきゃならないから!
それに友達って別に学生の時の友達だっていいんだよ。
仕事の話をするわけじゃないんだから!気分転換なんだから。
それに人徳ないって言うけど、少なくても最初、一度でも広告代理店の人が応援して
くれたんでしょ。今自信がなくなっているから、悪い方へ悪い方へしか考えられないんだよ。
大丈夫だから!」

私はその後、彼にこの先半年間の鑑定に基づいたアドバイスをした。
かつて、こんなに細かくアドバイスした事はないだろうと思われるくらい、今日やる事
明日やる事と日々の行動を計画した。
今のところ自信を失くし切っている彼には誰かの最低限のお膳立てが必要だった。
「これ以上は自分で考えて!」
「分かりました・・・」
自信無さそうに彼はその言葉を残して帰って行った。

1ヵ月後、彼から「まだ、頑張っている」とメールが届いた。
最後に
「寂しくて死にたいと思っていた時に一緒に色々考えて下さって本当に感謝しています。
ありがとうございました」と書いてあった。

独立という名の孤独が再び彼を襲う事もこれからあるだろう。
でも、次はきっと・・・と信じるしかない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「運命の扉 NO.37」 〜 独立という名の孤独 〜

2007/06/09 17:21
『運命の扉 NO.37』 〜 独立という名の孤独 A  〜

今まで少し投げやりで横柄な態度だった彼が私の叫んだ言葉と呆れ顔に
何を言いたいのか察して、急にシュンとなって肩を落とした。

「鑑定の結果を言う前にちょっと聞きたいんだけど、まだ会社起こして3ヶ月も経っていない
のにいいの?判断しちゃって!
普通、会社起こしたら最低でも1〜2年は頑張ってみない?」
彼は面目ないというようなことをボソッと言った。
そして私の鑑定に対して答える歯切れの悪くなった彼の言葉から発せられる思いは
すべて本当に甘過ぎる考えで独立した事を意味していた。

「バブルの時代でも、そんな甘いんじゃ・・・」
彼の話を聞けば聞くほど情けなくなっていく私が唯一救いだったと思ったのは、
そんな私の厳しい質問に一度も答えなかった事はなかったことだ。

彼の独立話は本当に甘いものだった。

普通にIT関係の会社でサラリーマン生活をしていた彼はある日会社の掲示板に張ってある
早期退職制度の紙を目にする。
その日、同僚と飲んでいるうちに話題がその早期退職制度の話になり、同僚の一言が
彼を動かす。
「お前はいいよ。システムとか自分で作れるわけだし、独立してもやっていけそうだもんな。
俺なんか辞めてくれって言われるまでは絶対に会社にしがみ付いていなきゃ、駄目なタイプ
だから!」
同僚の単純な褒め言葉に妙に納得した彼は会社を辞める事を安易にも決断する。

独立を考えた彼は新しいシステムを作り出し、お客様にインターネットでそれを利用してもらう
という商売を立ち上げた。
知り合いの事務所に間借りをし、最初はサラリーマン時代の広告代理店の知り合いが
宣伝をしてくれて彼の独立は何の苦労や金銭的な面での工面などもなく始まった。

しかしその宣伝が終わると、急に何もなかったかのように彼の仕事は止まった。
何の準備もなく計画もないまま始めた彼を待っていたのは焦りと孤独の日々だった。
何もしない彼の前を時間が他人事のように流れていく。
いつしか身なりにも気を使わなくなった彼は今ここにいる。

「家族はいるの?」
「ああ、女房がいます。働いているんだけど・・・」
「じゃあ、子供はいないの?」
「いません・・・」
「お金の心配はないんだ?」
「あっ、でもこの2ヶ月給料が出てないんで・・・」
「え〜、何言っているの?だって自営でしょ?最初から給料貰おうと思っているの?」
「はい・・・?」
彼は自営がどんなものなのか何も分かっていなかった。


Bにつづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「運命の扉 NO.37」 〜 独立という名の孤独 〜

2007/06/06 19:48
『運命の扉 NO.37』 〜 独立という名の孤独 @ 〜

扉を開けた男の顔は疲れきっていた。
と言うより、見える印象が少しみすぼらしかった。
生えかかった無精髭がまばらに彼の顎を覆い、ボサボサの頭が今の彼の状態を
よく現している。
いつの間にか身なりにも気を使わなくなってしまった。
ただし本人がそんな事には全く気が付いていないという方が大きな問題で、鑑定の前に
顔を洗った方がいいという感じだった。

「あの〜、サラリーマンを辞めて独立したんですけど・・・、ちょっと上手くいっていなくて。
サラリーマンの方が良かったんじゃないかって、最近思い始めているんですけど・・・。
自分は自営に向いていないじゃないかなと思いまして・・・」
見た目とは違い、ちょっと威張った口調で彼は言った。

私はそんな飛び込みでやって来た横柄な彼の鑑定表を作りながら少しずつ聞いていく。
「え〜と、向いてる向いてないの前に、何関係の仕事?」
「所謂IT関係です」

IT関係はここ最近既に伸びは止まっている。
間違いなく厳しいのは確かである。

最近では早期退職制度を利用して退職金を元にサラリーマンから独立する人が多い。
又身内や友人達と一緒に会社を起こす人もいる。
昔と違って同じ会社に長く勤めるという時代は終わった。
誰にもビックチャンスが待っている。
ドリーム・カム・トゥルーである。

しかし全員が全員上手くいっているとは限らない。
寧ろチャンスを掴んで成功している人は少ないだろう。
勿論私を訪ねて来る人は少なからずとも、まだ成功している人ではない。
夢の途中だったり駆け上がる前の人達である。

彼のように独立したが資金繰りに困ったり事業が進まなかったりで、自分本来の実力が
発揮出せず自信を失い、自分は自営業に向いていないのではないかとサラリーマンに
戻りたいと相談してくる人も少なくない。

私は当然ながら、彼が事業を起こして頑張ってきたがこの何年か行き詰って苦しんできたと
思っているので、まず事業内容を尋ねた。

「今はどんな感じなの?」
「仕事がないんです。やっぱり向いてないのかな〜?最近では全くヤル気も出なくって・・・」
まるで彼の言い方は他人事のようで、私は少し不愉快な気持ちになったがそのまま質問を
続けた。

「どのくらい前から、そうなの?」
「独立したのが今年なんですけど・・・、それから」
「えっ、ちょっ、ちょっと待って!」
私は鑑定表を作っている手を止めて、初めて真正面から彼の顔を見た。

「会社起こしたの、今年なの?」
「はい・・・」
「だって今3月なんだから、じゃ会社起こしたばかりじゃないの!」


Aにつづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『今、話題の人 NO.3』

2007/05/18 16:17
≪今、話題の人 NO.3≫

[コブクロ 黒田俊介 小渕健太郎] S52年3月18日  S52年3月13日

(略歴)
1998年、路上ライブで出会った二人はサラリーマンだった小渕さんが翌年会社を辞め、
本格的に音楽活動を始める。インディーズ時代からオリジナルは40曲を超え、
2000年8月にはZeppOsakaでの単独2Dayライブ、厚生年金会館芸術ホールでの
単独2Dayライブを成功させ、インディーズ時代3枚のアルバムを発売した後、2001年春、
ワーナーミュージックジャパンよりメジャーデビュー。


今回は今一番注目されているミュージシャンのコブクロの二人を取り上げてみたいと
思います。
コブクロの二人は生年月日と生まれた時間の4つの柱のうち生まれた年と生まれた月が
同じなので年柱と月柱は全く同じになり、又日柱の日干が特別の関係にあり
四柱推命占い鑑定的にも大変勉強になる間柄になっています。

黒田俊介さんは四柱推命占い鑑定の五行十干で言いますと、
木の五行の甲(大木)が中心となり3月(春)生まれですので『春の大木の人』となります。
木の五行の大木の人は基本的に太陽と水のバランスと豊かな土地が必要となり、
暑すぎれば枯れ水が多ければ腐り、又枝葉が多いようでしたら剪定(せんてい)する必要も
あります。太く真っ直ぐ育ち沢山の方々にその大木を流用してもらう事が使命とされています。

小渕健太郎さんは四柱推命占い鑑定の五行十干で言いますと、
土の五行の己(田園の土)が中心となり3月(春)生まれですので『春の田園の土の人』と
なります。土の五行の田園の土の人は基本的に太陽と水のバランスを大切にし、
良い土壌にて米や麦や野菜などの作物を沢山作り上げる事を使命としています。

このことで分かりますように二人とも太陽と水のバランスが一番大切になりますが、
年柱に太陽を持ち月柱に水があり、黒田さんの方は3月の春生まれで木のパワーは
初めから強く、又小渕さんも年柱と日柱にしっかり根を持つので3月の春というより季節が
初夏に近い状態になり土のパワーが強い時期になっています。

注目する点は少し専門的になりますが『お好き同士の関係』と言うのが
四柱推命占い鑑定にはありまして、良い言い方をしますと凄く仲が良いとか離れがたい間柄
とかになり、悪い言い方をしますと腐れ縁で駄目なのにどうしても許してしまう間柄と言うのが
これで、まさに二人の関係がこの『お好き同士の関係』になっていることです。
これは四柱八文字の中心となる日柱の一文字だけを指して言いますが、
二人の気のパワーが同じくらいであれば良い方に出ることが多く、どちらかが強かったり
弱かったりすると悪い方に出ることが多くなります。
二人の場合、気のパワーは同じくらいと考えられ大変良い関係になっていると思われます。

黒田さんにとって小渕さんと組んだ事は今まで行き場のなかった有り余った力を出せる場所
や自分を育てたりする場所を見つけたことに当たり、
小渕さんにとっては黒田さんと組む事によって大きな仕事と人格構成の場を見つけたことに
当たります。
大地がなければ木は育たず、木がなければ田園の土は意味を成さないという事です。

又持って生まれた運に加わり運の流れも、黒田さんは24歳から、小渕さんは22歳から、
しっかりした水源を持つ水が入り太陽とのバランスが大変良くなっているので、
二人が出会ったことでお互いの持っているそれぞれの違うパワーが相手を認めるという間柄
故によりパワーを持ち良い形で重なったと思われます。

二人にとってこれからの注意点としては二人とも水枯れする事が一番の問題点となり、
二人にとっての救いの水は人との繋がりの位置にあるのでファンとの交流を大切にし、
常にライブやコンサートなど直接人と接する事を一番に考える事が大事になります。

毎年の年運で多少浮き沈みはありますが、もし迷いが長じるような時こそ
初心忘れるべからずでファンとのコミュニケーションを大切にして下さい。

又黒田さんにおいては何事もしっかり計画を立ててからの行動を重視する事が大切で、
小渕さんにおいては早めの結婚をお勧めします。

今後も素敵な歌と素晴らしいハーモニーを私達に届けてくれる事を心からお祈りしています。


●貴方の中心となる五行十干は雅沙羅のホームページにて調べられます。
  是非参考にして下さいネ。  
  雅沙羅の四柱推命占い  http://www7a.biglobe.ne.jp/~gakuya/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
「運命の扉 NO.36」 〜 ターニングポイント 〜 
『運命の扉 NO.36』 〜 ターニングポイント 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/15 17:48
「運命の扉 NO.35」 〜 エンジェルの誘惑 〜
『運命の扉 NO.35』 〜 エンジェルの誘惑 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/09 15:58
「運命の扉 NO.35」 〜 エンジェルの誘惑 〜
『運命の扉 NO.35』 〜 エンジェルの誘惑 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/07 15:07
「運命の扉 NO.34」 〜 笑顔の行方 〜
『運命の扉 NO.34』 〜 笑顔の行方 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/05 10:16
「運命の扉 NO.34」 〜 笑顔の行方 〜
『運命の扉 NO.34』 〜 笑顔の行方 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/02 18:30
「運命の扉 NO.34」 〜 笑顔の行方 〜
『運命の扉 NO.34』 〜 笑顔の行方 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 18:20
「運命の扉 NO.33」 〜 失われた記憶 〜
『運命の扉 NO.33』 〜 失われた記憶 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 15:15
「運命の扉 NO.33」 〜 失われた記憶 〜
『運命の扉 NO.33』 〜 失われた記憶 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/25 16:10
「運命の扉 NO.33」 〜 失われた記憶 〜 
『運命の扉 NO.33』 〜 失われた記憶 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/24 21:04
「運命の扉 NO.32」 〜 許されない愛 〜
『運命の扉 NO.32』 〜 許されない愛 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/21 19:14
「運命の扉 NO.32」 〜 許されない愛 〜
『運命の扉 NO.32』 〜 許されない愛 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/19 16:00
「運命の扉 NO.32」 〜 許されない愛 〜
『運命の扉 NO.32』 〜 許されない愛 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/18 20:35
「運命の扉 NO.31」 〜 復活愛にかける女 〜
『運命の扉 NO.31』 〜 復活愛にかける女 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/12 15:20
「運命の扉 NO.31」 〜 復活愛にかける女 〜
『運命の扉 NO.31』 〜 復活愛にかける女 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/11 15:45
「運命の扉 NO.31」 〜 復活愛にかける女 〜
『運命の扉 NO.31』 〜 復活愛にかける女 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/05 18:21
「運命の扉 NO.30」 〜 幸せな結末 〜
『運命の扉 NO.30』 〜 幸せな結末 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/02 18:00
「運命の扉 NO.30」 〜 幸せな結末 〜
『運命の扉 NO.30』 〜 幸せな結末 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/30 15:01
「運命の扉 NO.29」 〜 私の彼はアントニオ 〜
『運命の扉 NO.29』 〜 私の彼はアントニオ B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/19 15:37
「運命の扉 NO.29」 〜 私の彼はアントニオ 〜
『運命の扉 NO.29』 〜 私の彼はアントニオ A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/15 16:27
「運命の扉 NO.29」 〜 私の彼はアントニオ 〜
『運命の扉 NO.29』 〜 私の彼はアントニオ @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/14 17:05
「運命の扉 NO.28」 〜 曖昧な関係 〜
『運命の扉 NO.28』 〜 曖昧な関係 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/13 15:44
「運命の扉 NO.28」 〜 曖昧な関係 〜 
『運命の扉 NO.28』 〜 曖昧な関係 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/12 18:03
「運命の扉 NO.27」 〜 顔の無い女 〜
『運命の扉 NO.27』 〜 顔の無い女 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/08 17:01
「運命の扉 NO.27] 〜 顔の無い女 〜
『運命の扉 NO.27』 〜 顔の無い女 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 16:43
「運命の扉 NO.27」 〜 顔の無い女 〜
『運命の扉 NO.27』 〜 顔の無い女 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/06 15:43
「運命の扉 NO.26」 〜 セックスレス夫婦 〜
『運命の扉 NO.26』 〜 セックスレス夫婦 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/01 16:31
「運命の扉 NO.26」 〜 セックスレス夫婦 〜
「運命の扉 NO.26」 〜 セックスレス夫婦 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/28 17:53
「運命の扉 NO.26」 〜 セックスレス夫婦 〜 
『運命の扉 NO.26』 〜 セックスレス夫婦 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/27 18:03
「運命の扉 NO.25」 〜 転職と適職 〜
『運命の扉 NO.25』 〜 転職と適職 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/08 18:53
「運命の扉 NO.25」 〜 転職と適職 〜
『運命の扉 NO.25』 〜 転職と適職  A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/06 15:56
「運命の扉 NO.25」 〜 転職と適職 〜
『運命の扉 NO.25』 〜 転職と適職 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/05 19:54
「運命の扉 NO.24」 〜 出会いと出会うために 〜
『運命の扉 NO.24』 〜 出会いと出会うために B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/29 17:03
「運命の扉 NO.24」 〜 出会いと出会うために 〜
『運命の扉 NO.24』 〜 出会いと出会うために A〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/26 18:49
「運命の扉 NO.24」 〜 出会いと出会うために 〜
『運命の扉 NO.24』 〜 出会いと出会うために @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/24 17:04
「運命の扉 NO.23」 〜 エンゲージリング 〜
『運命の扉 NO.23』 〜 エンゲージリング B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/22 17:03
「運命の扉 NO.23」 〜 エンゲージリング 〜
『運命の扉 NO.23』 〜 エンゲージリング A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/19 17:54
「運命の扉 NO.23」 〜 エンゲージリング 〜
『運命の扉 NO.23』 〜 エンゲージリング @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/18 19:46
「運命の扉 NO.22」 〜 天使の盾 〜
『運命の扉 NO.22』 〜 天使の盾 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/17 18:42
「運命の扉 NO.22」 〜 天使の盾 〜
『運命の扉 NO.22』 〜 天使の盾 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 16:42
「運命の扉 NO.22」 〜 天使の盾 〜
『運命の扉 NO.22』 〜 天使の盾 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/15 18:23
「運命の扉 NO.21」 〜 年下の男の子 〜
『運命の扉 NO.21』 〜 年下の男の子 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/12 15:39
「運命の扉 NO.21」 〜 年下の男の子 〜
『運命の扉 NO.21』 〜 年下の男の子 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/11 17:55
「運命の扉 NO.21」 〜 年下の男の子 〜
『運命の扉 NO.21』 〜 年下の男の子 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/10 20:04
「運命の扉 NO.20」 〜 あの人を殺して 〜
『運命の扉 NO.20』 〜 あの人を殺して B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/22 18:33
「運命の扉 NO.20」 〜 あの人を殺して 〜
『運命の扉 NO.20』 〜 あの人を殺して A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/21 16:12
「運命の扉 NO.20」 〜 あの人を殺して 〜
『運命の扉 NO.20』 〜 あの人を殺して @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/20 18:18
「運命の扉 NO.19」 〜 占いと神経系の病気 〜
『運命の扉 NO.19』 〜 占いと神経系の病気 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/15 16:59
「運命の扉 NO.19」 〜 占いと神経系の病気 〜
『運命の扉 NO.19』 〜 占いと神経系の病気 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/14 15:09
「運命の扉 NO.19」 〜 占いと神経系の病気 〜
『運命の扉 NO.19』 〜 占いと神経系の病気 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/13 17:05
「運命の扉 NO.18」 〜 総理大臣になりたい男 〜
『運命の扉 NO.18』 〜 総理大臣になりたい男 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/11 18:43
「運命の扉 NO.18」 〜 総理大臣になりたい男 〜
『運命の扉 NO.18』 〜 総理大臣になりたい男 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/08 18:25
「運命の扉 NO.18」 〜 総理大臣になりたい男 〜
『運命の扉 NO.18』 〜 総理大臣になりたい男 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/06 18:23
「運命の扉 NO.17」 〜 28歳のリズ 〜
『運命の扉 NO.17』 〜 28歳のリズ B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/29 17:10
「運命の扉 NO.17」 〜 28歳のリズ 〜
『運命の扉 NO.17』 〜 28歳のリズ A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/28 18:42
「運命の扉 NO.17」 〜 28歳のリズ 〜
『運命の扉 NO.17』 〜 28歳のリズ @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/27 19:31
「運命の扉 NO.16」 〜 マザコン男の反乱 〜
『運命の扉 NO.16』 〜 マザコン男の反乱 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/22 19:18
「運命の扉 NO.16」 〜 マザコン男の反乱 〜
『運命の扉 NO.16』 〜 マザコン男の反乱 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/21 16:41
「運命の扉 NO.16」 〜 マザコン男の反乱 〜
『運命の扉 NO.16』 〜 マザコン男の反乱 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/20 17:50
「運命の扉 NO.15」 〜 孤独の肖像  〜
『運命の扉 NO.15』 〜 孤独の肖像 C 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/16 18:04
「運命の扉 NO.15」 〜 孤独の肖像 〜
『運命の扉 NO.15』 〜 孤独の肖像 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 18:06
「運命の扉 NO.15」 〜 孤独の肖像 〜
『運命の扉 NO.15』 〜 孤独の肖像 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/13 20:03
「運命の扉 NO.15」 〜 孤独の肖像 〜
『運命の扉 NO.15』 〜 孤独の肖像 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/09 17:50
「運命の扉 NO.14」 〜 太陽の王国 〜
『運命の扉 NO.14』 〜太陽の王国 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/07 16:09
「運命の扉 NO.14」 〜 太陽の王国 〜
『運命の扉 NO.14』 〜 太陽の王国 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 18:41
「運命の扉 NO.13」 〜 360度の地平線 〜
『運命の扉 NO.13』 〜 360度の地平線 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/30 20:01
「運命の扉 NO.12」 〜 ハイヒールのかかと 〜
『運命の扉 NO.12』 〜 ハイヒールのかかと B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/17 18:27
「運命の扉 NO.12」 〜 ハイヒールのかかと 〜
『運命の扉 NO.12』 〜 ハイヒールのかかと A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/16 18:22
「運命の扉 NO.12」 〜 ハイヒールのかかと 〜
『運命の扉 NO.12』 〜 ハイヒールのかかと @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/14 18:55
「運命の扉 NO.11」 〜 人形の家 〜
『運命の扉 NO.11』 〜 人形の家 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/12 17:23
「運命の扉 NO.11」 〜 人形の家 〜
『運命の扉 NO.11』 〜 人形の家 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/11 20:40
「運命の扉 NO.11」 〜 人形の家 〜
『運命の扉 NO.11』 〜 人形の家 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/10 20:51
「運命の扉 NO.10」 〜 海に溺れた月 〜
『運命の扉 NO.10』 〜 海に溺れた月 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/05 17:27
「運命の扉 NO.10」 〜 海に溺れた月 〜
『運命の扉 NO.10』 〜 海に溺れた月 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 20:43
「運命の扉 NO.10」 〜 海に溺れた月 〜
『運命の扉 NO.10』 〜 海に溺れた月 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/03 20:03
「運命の扉 NO.9」 〜 マリッジ・ブルー 〜
『運命の扉 NO.9』 〜 マリッジ・ブルー A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/25 16:07
「運命の扉 NO.9」 〜 マリッジ・ブルー 〜
『運命の扉 NO.9』 〜 マリッジ・ブルー @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/23 17:15
「運命の扉 NO.8」 〜 恋愛幻夢(れんあいげいむ) 〜
『運命の扉 NO.8』 〜 恋愛幻夢(れんあいげいむ) B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/22 19:45
「運命の扉 NO.8」 〜 恋愛幻夢(れんあいげいむ) 〜
『運命の扉 NO.8』 〜 恋愛幻夢(れんあいげいむ) A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/21 15:23
「運命の扉 NO.8」 〜 恋愛幻夢(れんあいげいむ) 〜
『運命の扉 NO.8』 〜 恋愛幻夢(れんあいげいむ) @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/20 21:02
「運命の扉 NO.7」 〜 ガリバーの大冒険 〜
『運命の扉 NO.7』  〜 ガリバーの大冒険 B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 16:35
「運命の扉 NO.7」 〜 ガリバーの大冒険 〜
『運命の扉 NO.7』 〜 ガリバーの大冒険 A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 21:14
「運命の扉 NO.7」 〜 ガリバーの大冒険 〜
『運命の扉 NO.7』 〜 ガリバーの大冒険 @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 21:45
「運命の扉 NO.6」 〜 Sa l sa DE ム〜チョ  〜
『運命の扉 NO.6』 〜 Sa l sa DE ム〜チョ A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/25 20:38
「運命の扉 NO.6」 〜 Sa l sa DE ム〜チョ 〜
『運命の扉 NO.6』 〜 Sa l sa DE ム〜チョ @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/24 20:13
「運命の扉 NO.5」 〜 私の男 (あの人) 〜
『運命の扉 NO.5」 〜 私の男 (あの人) B 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/17 17:00
「運命の扉 NO.5」 〜 私の男(あの人) 〜
『運命の扉 NO.5』 〜 私の男(あの人) A 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 15:05
「運命の扉 NO.5」 〜 私の男(あの人) 〜
『運命の扉 NO.5』 〜 私の男(あの人) @ 〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/15 18:55
「運命の扉 NO.4」 〜夢の鞄(かばん)〜
『運命の扉 NO.4』 〜夢の鞄(かばん)〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/09 19:48
「運命の扉 NO.3」 羊たちの沈黙
『運命の扉 NO.3』 〜羊たちの沈黙〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/03 17:20
「運命の扉 NO.2」 ダイヤモンドの女(ひと)
『運命の扉 NO.2』  〜 ダイヤモンドの女(ひと) 〜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/02 16:46
「運命の扉 NO.1」 〜ホームページリニュアルにあたり〜
ホームページリニュアルにあたり、 今までホームページ上で掲載してきた雅沙羅の占い日記『運命の扉』が 掲載出来なくなりましたので、こちらに移行する事になりました。 占いBar『楽屋』日記は少しお休みして占い日記『運命の扉』を 少しの間載せますので御了承下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/01 20:49

トップへ | みんなの「占い『運命の扉』」ブログ

四柱推命鑑定師 雅沙羅の占い日記 占い『運命の扉』のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる