「運命の扉 NO.17」 ~ 28歳のリズ ~

『運命の扉 NO.17』 ~ 28歳のリズ ③ ~

「結婚したら、又、駄目になるんじゃないかと思うんです」
そう呟いた彼女は俯いたままだった。
私は彼女が持って生まれた鑑定から出した「その人の癖」について話した。
「じゃ、私は、何回結婚しても、無理なんですか?」
殆ど彼女は泣いていた。
「そうじゃないの!そういう要素があるから、どうしたら良いかを考える為に、
占いに来たんじゃないの!?」

私は本来の占いの意味を彼女に話した。
「完璧な人なんていないし、人間に生まれた限り、みんな悪いところを沢山持っているけど、
経験やアドバイス等で克服しながら、一生懸命生きて、幸せになろうとしているんだから、
駄目な人なんていないんだよ。
どうしたら、幸せな結婚が出来るか、考えてみよう!
それには時期の事もあるし、相手の事もあるし・・・、
でも今はあなた自身の事が一番大切なんだけどね」
彼女は涙ぐんだ瞳を上目遣いに上げると、すがる様な顔で私を見つめていた。
「大丈夫!今度は絶対に幸せになろう!
両親も安心させてあげなくっちゃね」
彼女は安心したのか大きく頷いた。

私はまず何故結婚したいのかを彼女に尋ねた。
彼女は結婚と言うものがどんなものなのか4回も結婚しているのに知らないでいた。
ただ何となく好きだから、その時一緒にいたいと言う気持ちだけで結婚を考えていた。
中学生とか高校生でも、今はこんな甘い考えをする女の子は少なくなっただろう。
本当に相手を愛しているのか?・・・なんて考えた事もなかっと言う。

彼女の場合、結婚運が良い時期を迎えるのは30歳になってからである。
又、彼女自身が一人でも生きていけるくらい自分自身を確りさせなければ、
何度結婚しても相手の男性に流されやすく苦労するという運を持っている。
私は以上の事を話し、今の彼と結婚する前に恋愛期間を持った後で
結婚を考えてはどうかと言うことをアドバイスした。

彼女は過去の結婚の前に誰ともまともに恋愛期間がなく、普通の恋人同士のような
デートなどをした事が無かったので、この事には直ぐに理解を示した。

彼女とは半年近く1週間に1度の割合で恋愛の経過をメールでやり取りした。
1ヶ月も経つと彼女の方から結婚はもっと先にする事を報告してきた。

恋愛というものを知らなかった彼女は今も病院で知り合った彼と恋愛をしている。
彼も彼女の過去を知り占いの件も理解を示してくれて、結婚の事は直ぐに考えなくても
二人の時期が良い時に越した事は無いと言ってくれた。

彼女自身、就職も決め仕事の合間に、その彼と二人で旅行に行ったり待ち合わせをして
映画を見たりして楽しんでいる。
やっと相手の事を考えたり、自分の幸せについて考えられるようになったと言っていた。

私は、今度こそ彼女には素敵な結婚生活が出来る事を祈る気持ちでいっぱいになった。

今私の周りでも30代や40代で結婚していない女性は沢山いる。
又占いに来る女性も結婚しないで頑張っている人が多い。
彼女達の中には理想が高くて相手が見つからず、現実に妥協出来ないという意見もある。
そして妥協するくらいなら一人で居た方がマシと言う人もいる。

彼女のように結婚運が沢山有っても、目先の事だけ考えて結婚してしまうと、
何度も同じ不幸を繰り返して決して結婚する事が幸せではない人もいる。

人それぞれ結婚には幸せになれる時期というものも大切なので、
人と比べず余り焦らず自分の幸せのタイミングを知る事も本当に大切だと
今回は彼女を通して、つくづく考えさせられた。

最後に、これからも彼女の事をず~と見守っていきたいと心から思わずにはいられなかった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック