「運命の扉 NO.36」 ~ ターニングポイント ~ 

『運命の扉 NO.36』 ~ ターニングポイント ~

このところ厳しい選択を迫られる占いが続いている。
年齢も38歳前後の女性の相談者が続いたせいかもしれない。

女性の適齢期も昔は30歳くらいだったが、
今では確実に大きな意味で10歳は上になっている気がする。
30歳前後は子供を生むためのターニングポイントでしかなかったが、
医療の発達で高齢出産もかなり楽になり出産のためのターニングポイントも30歳後半までは
充分大丈夫となってきているので、確実に大きな山は40歳前にやってくる。

仕事に転職、結婚、出産、離婚、育児、独立と様々な道を今女性は選ぼうとしている。
それには希望と不安、夢、絶望、ヤル気、焦りと精神的にも様々な思いが交差している。

昔とは違う。
女性も男性のように選択肢が沢山ある。
男性と同じように色々な事を選択出来るようになった。

ただしそれは精神的にであって現実は決して甘くなく、いくら女性の自立が目様しい勢いに
なって雇用法が変わろうが、本質が強い雄(おす)と生きていきたいと思っている雌(めす)に
とっては経済的な部分は永遠に不安がまとわり続ける。

どんなに強い女でもどんなに強がり言ってもいつも求めているのは同じ。
自分より力強い男を、自分の我侭を聞いてくれるより何も言わせずグイグイ自分を
引っ張っていってくれる男を・・・。

それは彼女達の思いとは裏腹に、
女性が女に生まれてきたことの喜びを感じられる認識する唯一の材料になっていることも
確かで、私はそんな彼女達の悩みや不安を聞きながら、とても愛しく彼女達を思うことが
多い。

私自身も彼女達と全く同じだからだ。
一体いつになったら落ち着くのだろうか?

自分に自信が持てず不安で不安で何回泣いただろうか、
何日眠れない夜を過ごしただろうか・・・。
そんな思いを繰り返して少しずつ積み上げてきたキャリアなのに簡単に崩れる事も
少なくない。
いつしかプライドという名のお化けも同じように育ち、
このプライド自身が自分に大きく圧し掛かってきて自分を苦しめる事も多い。

何のために格好をつけるのか、誰のために格好をつけるのか、
もうそんなことを言っている場合じゃないのに・・・。
焦りと不安が余計にこれから先の道を狭め迷わせる。

誰も助けてくれない・・・。
これからは自分一人で何事も受け止めて結論を出していかなければならない・・・。
そう、自分自身の人生なのだから・・・。

どこに何に逃げても、もう昔と違う・・・。
逃げる事は絶対許されない・・・。
そして逃げても何も始まらない・・・。
だから今の自分を信じて前に進むしかない。

幸せの形は誰もが違う。
だから誰かと比べる必要は全くない。
自分で選んだ道を信じて、しっかり地に足を付けて歩いていくしかない。

震える心と怯える心と不安な心を抱えて、例え流されそうになっても二度と同じ過ちはしない。
今度こそ自分の力でそこに立つしかない。

鏡の中の貴方によく似た私がそう言って、私を今日も奮い立たせる。
だから、だから・・・、頑張れる。
「大丈夫!絶対大丈夫だから!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック