雅沙羅の仲人日記 NO.2

雅沙羅の仲人日記 NO.2

≪タイムリミット迫る女性陣の必死の戦い≫

リーマンショックに続き東北地方太平洋沖大地震もあり、
今まで四柱推命鑑定占いでキャリアアップの相談に来ていた私の女性のお客さんの殆どが
今さらながらの結婚相談に変わった。

「先生、ちょっと今まで聞いた事が無いのですが私の男性運や結婚運ってどうなってますか?」とか、
「やっぱり一人は心細いので結婚したくなっちゃったんですけど…」とか、
「今まで全然考えていなかったけれど結婚して子供を産みたい」等々…。

当然彼女達は今までキャリアウーマンとして社会の中でかなり活躍してきているので
年齢はアラフォー世代(38歳~42歳くらい)と言う事になる。

男性と違い女性は子供を産みたいという事もありタイムリミットがある。

勿論、医学の進歩もあり40歳過ぎても充分子供は産める。
しかし、色々な面でのリスクも大きいのも事実。

そして、40歳前だから結婚したい、子供が産みたいと言う人ばかりではない。
女性陣はそれぞれに自分の理想の結婚時期や出産時期を持っているために、
それぞれのタイムリミットをしっかり感じている。

今回、婚活支援・仲人の【月下老人】を始めたが、
話を聞きたいと言う女性や所属したいと言う女性はかなり多く私自身も戸惑うほどの勢いだが、
それに比べ男性陣は全然違う。
やはり具体的なタイムリミットがないせいか、「結婚はしたいけど…」と言いながらも
その気持ちには明らかに切羽詰まった感は全く感じられない。

所属した人達の婚活に関しても男女の違いは明らかだ。

女性陣は毎日でも登録者データーを検索して出会いを求め、イイ人がいれば
「とにかく会ってみたい」とセッティングを希望してくる。
又「沙羅さん達がイイと思う人にも会いたいのでどんどん紹介して下さい」
「時間は相手の都合に会わせますので、遠慮しないで言って下さい」とか。

それに比べて男性陣と言えば「休みの日にもし時間があれば」とか
「気が向けば、ちょっと見てみるけど…」とか「とにかく任せる」ってな具合で、
女性陣とは婚活にもかなりの温度差がある。
そのくせ、男性陣はタイムリミット迫った女性からのお見合い希望を平気で断ってしまう事も
少なくはない。

まあ、何においても今は女性が強いから仕方がないと言えば仕方がないのだが、
タイムリミットに追われ焦りながらもけなげに努力を続ける女性陣の気持ちも
少しは感じてほしいな~と思ってしまった1週間でした。

では今週もタイムリミット迫る女性のためにお見合いセッティング頑張ります!!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック