≪話が凄く合うので、相性がいいと思うのですが・・・? NO.2≫

≪話が凄く合うので、相性がいいと思うのですが・・・? NO.2≫

では、どうしたら・・・、
夢がない話ですが、婚活も仕事と考えるほうがいいでしょう。
(ただ、20代で今、婚活中の方には少し冷めた話で本当に申し訳ないのですが・・・)
現実の結婚生活は諦めと忍耐の連続です。

仕事では自分と考え方が違うタイプの人とも話もしますし、本当のところ、本音で話さなければ、
いっこうに話は進まず、仕事も決まらないので、意見が違えば一生懸命その考え方を理解しようとしますよね。

特に女性の35歳過ぎてからの婚活は
現実を知る事から始まり、夢なんか見ていられない状況だという事にすぐに気が付くはずですから、
特に冷静な気持ちが必要です。
ですから、「そんな~」と言うかもしれませんが、ちょうどいいのです。

又、20代での結婚は若気の至りという事もありますが、30代での結婚はこれがいい訳にはならないので、
基本、継続しなければなりません。

ですから、この冷静で、少し夢のない話ですが、全く自分とは違うタイプの方をあえて選んで、話をしてコミュニケーションをとってみる事は、
感情が余分な邪魔をしない分、事も早く進み易く、本当に結婚に向けての最短距離なのです。

そして、純粋な恋愛結婚をした方でも結婚したその後、純な恋愛感情はものの3年も経たないうちに冷めてきて、現実、情や妥協、諦め・・・に変わります。
しかし、結婚生活を簡単にはやめることは出来ないのです。

それが、自分とは全く違うタイプの方と結婚した場合、
何よりも結婚生活にも過剰な期待がない分、失敗だと思う気持ちはなく、淡々と粛々と結婚生活を続けていく事が出来、
感情的には確かに盛り上がりはしませんが、二人で居れば、運勢的には悪くなることはないですから、相手へのストレスはなく、自分自身の人生と純粋にいつも向かい合う事が出来るという最大な利点もおまけで付いてきます。

これが実は本当の意味での大きな宝物なのです。
今回、私が一番言いたかったことは
「貴方の考える幸せな貴方自身の人生を必ずやり遂げるにはどうしたらいいか?」です。
結婚はその中のほんの一つです。
全てが手に入る訳ではないのです。
自分が考える幸せな人生以外のものの中には、犠牲にしなければならないものもあるという事です。
しかし、それは貴方にとってあまり重要なものではないのです。
これに関しては又別の機会に詳しくお話しますね。

今は、とにかく婚活をしている方々、男性でも女性でもどちらもですが、
少し、今までと違うタイプの相手を選んで、話も合わないので楽しくはないかも知れませが、
仕事の時のように冷静な目で相手を見て、相手のお話を聞いてみて下さい。
「全然、自分とは違うな~」とか「話が合わなくて全然盛り上がらないな~」と思ったら、それは本当の意味での運命の相手かも知れません。



雅沙羅 公式サイトhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~gakuya/
鑑定予約 sala-gakuya@kuh.biglobe.ne.jp
090-2672-6011

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック