≪整形美人・・・?≫

≪整形美人・・・?≫

日本と韓国の関係が最悪状態のニュースが毎日のように流れている中で、
ここ赤坂には韓国料理の焼き肉店や韓国人経営のクラブやBarなどの飲み屋も何百件と立ち並び、韓国人の方も多く働いていて、この状態になっても、いつも通り変わらず彼らと毎朝、挨拶もしているし、普段通りに立ち話もしている。

彼女達と立ち話をしながら、あえてニュースの話はしないし、しようとも思わないが、
その反面、韓国国内で行われている日本商品の非買運動や日本に対しての抗議デモなどの映像を思い出し、今彼女は私の事をどう思っているのだろうと、これだけ毎日ニュースでやっていれば頭の隅で思ってしまう。

テレビなの中の韓国人達は凄く日本人に対して怒っている・・・、
しかし彼女達は・・・、
とても不思議な感じと同時にやるせなさを感じる。
ただ、韓国人の彼女達の私に対しての言動も全く変わらない、そして、相変わらず、私の事を凄く信頼してくれている。
当然ながら、私も彼女達を物凄く人として愛している。


赤坂と言う場所がら、韓国人の依頼人も時々やって来る。
韓国人の方はやはり占いとか四柱推命鑑定が大好きで、日本人よりはるかにそれを信じる気持ちが強いように思われる。
そして、一番日本人と違うのが、すぐに身内や友人を次から次へ紹介してくる。

私も四柱推命鑑定の勉強を始める前は占いなんて全く信じておらず、
日本人は、まだ遊びの占い感が強く、あまり熱心に鑑定の話をすれば変な新興宗教まがいの教えに入れ込んでいると思われがちで・・・、又占いになんかに頼るなんて・・・と言う思いも強く、私の依頼人の殆どがやはり私の鑑定を受けた事をあえて表に出す人は多くない。

ただ、古来より偉大な天下人の陰には必ず優秀な鑑定師が付いて居た事は、様々な歴史書にも記せられており、やはり、いつの時代でも天下人も運を利用していた事がよく理解出来る。
特にこの四柱推命鑑定に関して言えば、四柱推命学を少しでも知ると、他の占星術などと比べると、中国発祥の地という事もあり、アジア諸国の一つである日本においても当てはめられ、実によく理にかなっていて、それ相応の努力をすれば運気が良くなり、確実に成果があらわれるので、理論的な男性の方には理解され易く、その為、男性の依頼人は紹介もしてくる事もあるが、女性の依頼人の場合は鑑定を受けた事を隠している意味が少し違って、自分だけ良くなりたいと言う思いが強く、人には教えたくないと言う思いからから、そういう行動になるらしい。

話は変わって、鑑定師である私はと言えば、当然の事ながら、日本人だろうが韓国人だろうが、決して良い事ばかり言っている訳でもなく、むしろ私の鑑定は厳しい内容も多く、言われた本人的にはあまりいい気はしていない筈なのだが・・・。

どうも韓国人にとっては悪い事でもハッキリ言われた方が納得いくようで、悪い事を言われても落ち込むのではなく、「じゃあ、どうすればいい!」と、超合理的に聞き返してくるのが特徴で、
そして、自分が鑑定を受けた次の日にすぐに電話をしてきて、すぐに予約が入れられるかどうかを聞いてきて、自分の関係者や近親者を紹介してくる。

それで、その紹介して来る事は全然問題ないのだが、毎回私も違っていると分かっていてもその依頼人の韓国人の方に聞いてしまう事がある。
「貴方を紹介してくれた金(キム)さんと貴方は姉妹なの?」
と言うのも、名前の苗字も同じで歳も近く、とにかく顔がよく似ていて、瓜二つと言っても過言ではないくらい、そっくりなのだ。
そして、必ずその依頼人の韓国人は同じ答えを言う。
「いいえ、違います」

初めは化粧の仕方が同じなのかなと思っていたが、私も自分が女性なので、美容に関してはかなり敏感で、韓国は整形美容に関しては整形美容大国と言われるくらい整形美容が身近なもので
そして、これも日本人とは少し考え方が違うのが、韓国人は整形した事を堂々と口にする事も多く、私がまじまじとその依頼人の顔を見ていると、結構平気で整形した事を自分で暴露する。
「あ~、これが今の流行りの目なんです!だから、自然に似てきちゃうんだよね、みんな」

それで、その依頼人はどう思っているか分からないが、やはり普段から化粧をしている人なら、みんな気が付くと思うのだが、いくら整形技術が進んでも、よく見ると、やはり少し違和感が漂う。
ただ、その顔が今回のこの彼女を紹介して来た先日の依頼人の彼女と全く同じで、そして、次から次へと紹介してくるのだが、その女性達もみんなかなりよく似ている。
まるで、同じ病院の同じ先生に全く同じ希望を言って整形手術をして貰ったようなのだ。
今は韓流アイドル歌手系が人気で・・・、その前は『冬のソナタ』のチェ・ジウ系だったのが、いつの間に『少女時代』や『TWICE』の中の誰かに、変わっているようだ。
そうか、自分に合った整形をしているのではなくて、流行りなのか~・・・。

私が初めて赤坂で夜のバイトをした1980年代初めの頃には既に赤坂には韓国人村のようなものがあり、その当時から韓国人の方々が沢山働いていたが、
当時は日本に働きに来るには芸能ビサのようなものが必要で、歌やダンスがかなり上手い歌手やダンサーと言う肩書がある上に、スタイルも良く本格的なチョ~美人でないと、なかなか赤坂では働けなかった時代で、色白に切れ長の目が特徴の抜群のスタイルの韓国人美女は30mくらい先から歩いて来ても、すぐに気が付いたくらい本当に綺麗だった。
そして、当時の韓国人は整形をしていなかった。
まあ、本当に韓国美人だったんだと思う。

最近は本当に整形の技術も進み、多分需要が多いのだから、金額も昔に比べれば、かなりお手ごろになったのだと思う。
ただ、メンテナンスが大変だと思う。
何故かと言えば、その人に合った整形をしているのではなく、流行に彼女たちが合わせているのだから。
骨ごとと言うか、顔の骨格全てを換えれば少しは違うのだろうが、
どう考えても、少しばかり骨を削って、本来の骨の型に皮膚を無理やり切ったり張ったり引っ張たり、そしてシリコンを入れたり、ヒアルロン酸を注入しているのだから、
少し経てば、その人の本来の姿に戻ろうとする皮膚の力が働き、確実に歪みのようなものが出てくるはず。

そして、やはりノーメイクになると、明確にそれが現れているのがわかり、土日の赤坂はノーメイクの韓国人が殆どなので、どこか彼女達の顔が引きつって見える。
ただ、当の本人達はその事に気が付いていないのか、それともあまり気にしていないのか、分からないが、大変残念な状況になっていても、気にしている様子もなく、隠すこともせずお構いなしの状態で赤坂を闊歩している。
さすが,整形美容に関しては大らかな国だけあると、感心する。

ただ、私の方はどうしても彼女達の少し歪み始めた顔を見ながら、四柱推命の運命の流れと彼女達の顔を重ねてしまうところがあり、整形が悪い訳ではない。
流行に合わせた整形では無くて、その人に合った整形でなければ・・・、
自分の顔形の根本をよく知ってから整形をしなければ、ただ流行りの顔を自分の顔の上に乗せただけでは、その人本来の癖は必ずいつか現れてくるのだな~と思いながら、
整形美容は整形後のメンテナンスが不可欠で、これも美を求めて生きていく限り永久に継続的にメンテナンスを行っていかなければ美を保つことは出来ない。
飾り物は所詮飾り物、偽物は所詮偽物という事なのだろう。

運命の流れの中でも少しの修正は出来ても、その場その場をしのぐ様な直しをしたところでは後が知れている。
根本の歪みを見直さないまま上辺だけを形付けるのだから、例えるならば青虫がそのまま巨大化するようなもので、その青虫が蝶にはいっこうに羽化することはないという感じ。

そう考えれば、整形美容に限らず女性の化粧も同じで、人は見かけを飾りたがるが、それはそういつまでも続く訳もなく、又続けるのは相当の体力と意思と財力がなければ出来ない。

私も50歳を過ぎて、身体や肌の衰えを身にしみて感じるようになって、本当に可愛いおばあちゃんになりたいと思うようになった。
それならば、お金も掛からず体力も意思もあまり使わず、手っ取り早く今すぐに出来る事と言えば、
外見以上に、内面を磨く、心を磨く、・・・歪みの元になる、尖っている自分の性格を削る。

なんて、偉そうに頭の中で思っていたら・・・、隣で、乾いた声がした。
「先生、大丈夫!又韓国に帰った時に、整形して来るから!」
ああ~、何というこの誘惑の心地良さ・・・、これも納得。
人間の意思は弱い、甘い・・・、そして楽な道を選びたがる・・・。
これも人間、私は好きだな~、この弱い人間が!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント