≪人間関係 親友の夫 NO.3≫

≪人間関係 親友の夫 NO.3≫ その後、気まずい雰囲気の中、依頼人の彼女の携帯電話が急に鳴りだし、それで私は少しホッとした。 「あっ、先生、お客様の御予約電話なので、ちょっと出ても構わないですか?」 私が「いいわよ!どうぞ、どうぞ」と言ったと同時に、親友の旦那が彼女に向って言った。 「カモ?」 その瞬間、彼女の顔が見る見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more