≪世界が再び動き出す日≫

≪世界が再び動き出す日≫

インフルエンザもそうだが、毎回、様々なウイルスが発生しても、発生直後は大騒ぎになり、やれ「健診だ」の「予防接種」だのと、テレビでも報道されるが、何処かいつも他人事で普通通りの生活をしている間に、少し経つと、その話題のテレビ報道も少なくなり、身近でもいつしか話題にも上らなくなり、そして、いつの間にか収束しているのが当たり前になっていたので、
今回のこの新型コロナウイルスに関しても、2月の初め頃にはまだ心の中のどこかで、いつもと変わらず、いつの間にか又終息していくのだろうと思う気持ちがあった。

しかし、2月半ば頃から、現実的に、在宅勤務などが始まり、旅行者の激減などで、街の風景がすっかり変わってきた頃から、心のどこかでまだ、3ヶ月くらいで終息に向かうのではと願いつつも、「いつもとは違う」とハッキリ実感するようになってきた。

マスク不足に加え、何処に行っても人が少なく、テレビから流れる日々の感染者の増加、そして世界中に感染し続けている事を目の当たりにすれば、明らかに簡単には終息するとは思えない事をみんなが実感し始めている。

医学も進歩し、世界中の優れた研究者達がこの新型ウイルスの特効薬を見つけよつと日々努力してくれているが、今日明日でそれが出来たとしても、世界中で実際にそれを使う事が可能になるのは、まだまだそう早い時期ではないだろう。

誰もが願いとは裏腹に、一般人の私達もハッキリ口にはしないが、『東京オリンピック』を予定通りに開催する事は無理ではないかと感じ始めている。

ただ、オリンピックは決して開催国だけの物ではない。
今こそ、世界中が心配してくれているこの時こそ、
開催国として、前向きな考え方と柔軟性を持って、『東京オリンピック』の開催に向けて、世界中の国や人々と協力し合い、早くこの新型コロナウイルスの終息に向かい合わなければならない。

もう今の状態では、すぐに簡単に解決出来るような事ではないのだから、先の事で思い悩んでいても仕方がない。
世界中で沢山の人達が尽力している事を考えれば、
私達個人は今与えられたルールを尊重して、今自分が出来る、それぞれの事をするしかない。

外を見れば、活気の無さと疲弊感でいっぱいだが、
内を見れば、自分自身を見つめ直すには大変良い時間でもある。
日々の忙しさに追われ流されてしまって、今まで手が出せなかった事、出来なかった事、
そして、今の自分の立ち位置をあらためて知る事。
時間は考えている以上に多分沢山ある。

人間として、こういう時間が与えられたと考えれば、この時間は勿体ないような時間でもある。

現に私の所に来ている経営者の方々も
普段は疎かになってしまいがちの社員教育や社内環境などにあらためて目を向け見直しながら、
『5G』やら『働き方改革』などの新たなものに対応するために
今は「今か、今か」と次の戦略に思いを馳せながら、せっせと爪を磨いている。

世界が再び動き出す時、今の自分は準備が出来ているか・・・!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント