婚活支援 仲人の【月下老人】を始めました!!!

●5月から合コンやプチお見合いなど企画実行してきましたが、   この度本格的に婚活支援仲人業の月下老人(結婚相談所)を   始めることとなりました。  今まで四柱推命鑑定を通して人を幸せにしたいという思いで、  鑑定占いをしてまいりましたが、  もう少し踏み込んだ形で何か応援できればと思いながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

占い付き合コン・お見合いセッティングのお知らせ

こんにちは。 今まで雅沙羅の四柱推命鑑定占いを受けたお客様を中心に ★占い付きの合コン・及びお見合いのセッティングを始めます。  昨今、地震があった事も切っ掛けですが、  占いでも結婚相談が多く、その殆どが出会いがないという事ですので、  是非、皆様のお役に少しでも立てれればと思います。  遊びの合コンではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ

★お知らせ スナック【楽屋】は30年近い歴史があり完全会員制スナックですが、 月曜日と火曜日と土曜日の夜は占い鑑定をしたお客様にも御利用頂けます。 四柱推命鑑定占いを通して雅沙羅とお酒を飲みながら、 もっと気楽に恋愛・結婚・仕事・人生観等々、わいわい色々お話をしませんか? ちょっとしたサービス占い(人前で話して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.39」 ~ 結婚という誘惑 ~

『運命の扉 NO.39』 ~ 結婚という誘惑 ③ ~ その夜、既に酔っ払ってどうしようもなくなった彼をそれでも彼女はいたわる様に 連れて帰った。 帰り際に彼女は何度も何度も 「ごめんね、ごめんね、こんなに酔っ払っちゃって!」と言って私に頭を下げていた。 酔っ払ったのは彼女じゃなくて彼なのに・・・。 後から考えれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.39」 ~ 結婚という誘惑 ~

『運命の扉 NO.39』 ~ 結婚という誘惑 ② ~ 35歳を過ぎた頃になると、彼女の話は会社の誰々が結婚したとか友達の誰々が結婚した とか自分の恋の話ではなく周りの事ばかりを彼女は気にするようになった。 彼女はあきらかに焦りを感じているようで、決まって話の最後には「結婚したい!私だけ結婚 出来ないかもしれない」とよく口に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.39」 ~ 結婚という誘惑 ~

『運命の扉 NO.39』 ~ 結婚という誘惑 ① ~ 「結婚したい!結婚したい!」 これが彼女のいつもの口癖だった。 そんな彼女が今年結婚した。 私はいつも甘たるい声ですがる様に話しに来る彼女を妹のように心配していたので、 結婚が決まった話を彼女が去年報告に久しぶりに来た時には占いとは関係なしに 純粋に喜んだ。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『今、話題の人 NO.5』

≪今、話題の人 NO.5≫ [関取 横綱 朝青龍] S55年9月27日 (略歴) モンゴル国出身の力士、第68代横綱。 15歳でモンゴル相撲を始め、1997年に日本の明徳義塾高校に相撲留学、1999年退学し 角界に入門。2001年一月場所に新入幕、2002年7月にモンゴル出身力士として初めて 大関に昇進し、2003年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『今、話題の人 NO.4』

≪今、話題の人 NO.4≫ [サッカー選手 中村俊輔] S53年6月24日 (略歴) 兄の影響で小学校入学と同時にサッカーを始める。 中学生時代、現横浜F・マリノスのジュニアユースに所属し全国優勝に貢献するなど エースとして活躍。ユースに昇格を逃すものの桐光学園でサッカー部に所属し3年生の時 U-20日本代表として招…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「運命の扉 NO.38」 ~ 負け犬と呼ばれて ~

『運命の扉 NO.38』 ~ 負け犬と呼ばれて ~ 少し前まで世間では『負け犬の遠吠え』という本が流行り、雑誌の特集記事を見れば どこもかしこも「貴方は勝ち犬か、負け犬か?」という特集が組まれ、本当に一大ブームを 起こした。 負け犬の条件とは「嫁がず、産まず、この歳に」、30歳以上で結婚もしていなくて、 子供も産んだこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.37」 ~ 独立という名の孤独 ~

『運命の扉 NO.37』 ~ 独立という名の孤独 ③ ~ 彼は退職金をシステムの開発に100万円かけた以外は一切使っておらず貯金してあると 言った。 驚くことはまだまだ続く。 彼の考えでは、独立してすぐ仕事は回り、3ヶ月以内には自分で事務所を借りる。 会社の運用費は仕事が回るので、自分の退職金はシステムの開発で使った以上は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ!

お知らせというか、御了承願います。 ただ今、 四柱推命占い鑑定の御予約を電話とメールで受け付けておりますが、 メールでの御予約の場合何回かのやり取りが必要となりますので 電話での御予約より時間が掛かります。 より早めの御予約を御希望の方は電話での御予約をお勧めします。 鑑定中以外は必ず出ますので是非お電話を下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.37」 ~ 独立という名の孤独 ~

『運命の扉 NO.37』 ~ 独立という名の孤独 ②  ~ 今まで少し投げやりで横柄な態度だった彼が私の叫んだ言葉と呆れ顔に 何を言いたいのか察して、急にシュンとなって肩を落とした。 「鑑定の結果を言う前にちょっと聞きたいんだけど、まだ会社起こして3ヶ月も経っていない のにいいの?判断しちゃって! 普通、会社起こしたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.37」 ~ 独立という名の孤独 ~

『運命の扉 NO.37』 ~ 独立という名の孤独 ① ~ 扉を開けた男の顔は疲れきっていた。 と言うより、見える印象が少しみすぼらしかった。 生えかかった無精髭がまばらに彼の顎を覆い、ボサボサの頭が今の彼の状態を よく現している。 いつの間にか身なりにも気を使わなくなってしまった。 ただし本人がそんな事には全く気が付いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『今、話題の人 NO.3』

≪今、話題の人 NO.3≫ [コブクロ 黒田俊介 小渕健太郎] S52年3月18日  S52年3月13日 (略歴) 1998年、路上ライブで出会った二人はサラリーマンだった小渕さんが翌年会社を辞め、 本格的に音楽活動を始める。インディーズ時代からオリジナルは40曲を超え、 2000年8月にはZeppOsakaでの単独2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.36」 ~ ターニングポイント ~ 

『運命の扉 NO.36』 ~ ターニングポイント ~ このところ厳しい選択を迫られる占いが続いている。 年齢も38歳前後の女性の相談者が続いたせいかもしれない。 女性の適齢期も昔は30歳くらいだったが、 今では確実に大きな意味で10歳は上になっている気がする。 30歳前後は子供を生むためのターニングポイントでしかなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.35」 ~ エンジェルの誘惑 ~

『運命の扉 NO.35』 ~ エンジェルの誘惑 ② ~ 彼女達、誰を見ても特にモテナイ訳でもなく、 むしろ女性としてはかなりイケテイルほうだと思う。 彼女達は20代の頃はそこそこモテていて結婚の話もそれなりにあったが、 結婚という実感がわかず、30代を迎えてそれでもまだまだ余裕があって 本当に好きな人との出会いを楽しみにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.35」 ~ エンジェルの誘惑 ~

『運命の扉 NO.35』 ~ エンジェルの誘惑 ① ~ 「年内中に結婚して、子供を作りたいんです!」 「彼とはどのくらい付き合っているの?」 「いえ、今彼はいないんです・・・」 「へっ?」 彼女との会話は何だかちぐはぐなやり取りから始まった。 「じゃあ、どうして結婚できるの?」 「あの・・・、私今年39歳になるじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.34」 ~ 笑顔の行方 ~

『運命の扉 NO.34』 ~ 笑顔の行方 ③ ~ 「今、熟年離婚って言うのが凄く多いんだけど、私の所に相談に来る人でも60歳近くの 女性で、『離婚しようと思っているんですけど自分の人生は大丈夫ですか?』って言う人が、 沢山いるんだよね。 先の事を考えれば、不安な事だらけで・・・、みんなもそう思っていると思う。 だから必要以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.34」 ~ 笑顔の行方 ~

『運命の扉 NO.34』 ~ 笑顔の行方 ② ~ 「笑えない・・・」 そう言ったまま彼女は黙っていた。 私は彼女の言っている「笑顔の行方」は 彼女の様子から仕事の関係ではないのではないかと思い始めていた。 そして私はふと気が付いた。 彼女が「家では笑えない・・・」と言ったことを。 「家・・・」家以外では笑えるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.34」 ~ 笑顔の行方 ~

『運命の扉 NO.34』 ~ 笑顔の行方 ① ~ 「笑えなくなってしまったんです。 私は家で全く笑えなくなってしまった。 いつからだろう? いつから私は笑わなくなってしまったのだろう?」 40歳をチョット出たばかりの彼女がポツリと言った。 彼女はメールで予約を入れてきており、 これからの自分の人生と特に仕事の事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more