「運命の扉 NO.27」 ~ 顔の無い女 ~

『運命の扉 NO.27』 ~ 顔の無い女 ① ~ 彼女は鑑定が始まってもサングラスをかけたままだった。 神経質なのか下を向いたまま両手の指を細かく動かしている。 メールで鑑定予約をしてきた時に相談内容は聞いていた。 「内気な性格で、最近外に出るのが怖い。 このままでは引き篭もりになりそうで心配。 これからの運勢を占っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.26」 ~ セックスレス夫婦 ~

『運命の扉 NO.26』 ~ セックスレス夫婦 ③ ~ 旦那さんは鑑定でも女性に対してかなり淡白な方だった。 彼女の方もあまり男性運がしっかりしている方ではなく、 又離婚したり再婚を繰り返すようなタイプではない。 一度結婚したら、その人と一生添い遂げる運勢を持っている。 しかし今の時期、彼女は自分のパワーが凄く強いのと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.26」 ~ セックスレス夫婦 ~

「運命の扉 NO.26」 ~ セックスレス夫婦 ② ~ 黙って15分くらい彼女の話を聞いていて、私は彼女が本当に可哀想になった。 話の途中で何度も何度も彼女は恥ずかしそうに私に尋ねた。 「私って淫乱じゃないですよね?」 その度に私は顔を振りながら同じ答えを言った。 「ううん、ちっとも!」 彼女の話を聞いている限り、彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.26」 ~ セックスレス夫婦 ~ 

『運命の扉 NO.26』 ~ セックスレス夫婦 ① ~ 「インターネットの出会い系サイトで知り合った彼とのSEXがやめられない」と言う彼女は 結婚14年目で子供も二人いた。 「二人目の出産を機に旦那とのSEXは一切無くなった。 今考えれば、一人目の出産の後も一時期SEXは無かったが、 一人っ子じゃ可哀想という事で、妊娠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運を引き寄せる人々

運を引き寄せる人々 夜の『楽屋』では遊びに来た人から頼まれれば、酒のつまみのつもりで チョッとした遊び感覚で占い鑑定のサービスをしている。 勿論私も宣伝のつもりで鑑定するのだが、 どうも鑑定し始めるとこのチョッとした遊び感覚とかほんの軽い気持ちと言うのが 私には苦手らしくて、自分でもビックリするくらいすっかり昼間の鑑定と変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『今、話題の人 NO.1』

《今、一番話題の人 NO.1》 [女優 藤原紀香]  S46年6月28日 (略歴) 21歳でミス日本グランプリ受賞。 東レ水着・着物キャンペンモデル、アサヒビールイメージガールなどを経て、 活躍の場を司会や女優業に広げる。 そのスタイルの良さでOL達のファッションリーダーとしても大活躍。 最近ではドキュメンタリー番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『今、話題の人のカルテ』

いつも「運命の扉」を読んで下さってありがとうございます。 最近はお店のことが全然書けていないので少し心苦しいのですが・・・。 さて今月から『今、話題の人のカルテ』と言うタイトルで有名人の方の鑑定を 書くことになりました。 その月の話題の方を中心に1ヶ月にお一人書かせて頂きます。 そこで少し四柱推命占い鑑定の事を説明…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「運命の扉 NO.25」 ~ 転職と適職 ~

『運命の扉 NO.25』 ~ 転職と適職 ③ ~ 仕事を変えたいと思う前に、もう一度自分の今を外から見詰めてみよう。 人間関係はどんな仕事でも何処かで付き纏う。 生活はしていかなければならない。 でもこのままではと思うなら、今の仕事を辞めないで、 まず趣味の一つとして始めてみたらどうか? 学校に行かなければならないな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.25」 ~ 転職と適職 ~

『運命の扉 NO.25』 ~ 転職と適職  ② ~ 不思議な事に私の所に鑑定に来た人の適職を見ると、 殆どの人が自分の持って生まれた能力で得意分野の仕事に付いている人が多い。 それは小さい頃からの経験も含めて選択しているので、いつの間にか得意という分野に なっている事もあるが、本当にびっくりさせられる。 例えば分かりや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.25」 ~ 転職と適職 ~

『運命の扉 NO.25』 ~ 転職と適職 ① ~ 仕事に関しての相談は今や恋愛相談を抜く勢いで多くなっている。 時代が時代だからなのか? まず「このまま、この仕事のままでいいのか?」に始まり、 「私の向いている分野は何か?」があり、 「人間関係が上手くいかない!」から「転職したい!」まで。 最近では独身女性以外で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.24」 ~ 出会いと出会うために ~

『運命の扉 NO.24』 ~ 出会いと出会うために ③ ~ 私は33歳を境に変わった。 占い鑑定を始めた事で同じ女性の悩みを沢山聞くようになってからだ。 彼女達の話を聞いているうちにドンドン自分と重なっていくのが分かる。 それはまるで私の事を語っているようだった。 違うのは夜の仕事で色々な男性と毎日話が出来るという事だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.24」 ~ 出会いと出会うために ~

『運命の扉 NO.24』 ~ 出会いと出会うために ②~ 毎日占い鑑定をしていると、 20代と30代以上の決定的な悩みの違いは『出会い』にある事に気付かされる。 20代の女性の悩みは『結婚相手に出会えない』という事で 30代以上の女性の悩みは『出会い、そのものが無い』という事なのだ。 自分の事をちょっと思い出して頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.24」 ~ 出会いと出会うために ~

『運命の扉 NO.24』 ~ 出会いと出会うために ① ~ 私の所に鑑定に来る女性の殆どが未婚の女性で、これからの出会いを 楽しみにしている人が多い。 年齢的には平均すれば30代半ばだと思う。 その殆どの人が20代後半には焦りを感じ、結婚や仕事に悩んだ人でもある。 そう言う私も28から30歳にかけては、 「ヤバイ!手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.23」 ~ エンゲージリング ~

『運命の扉 NO.23』 ~ エンゲージリング ③ ~ 4日後、彼女から再び鑑定予約の電話が入った。 予約の日の夕方、私の前に現われた彼女の左手が彼女の答えを出していた。 左手の薬指にはある筈の指輪は無くなっていた。 私の隣に座った彼女に私は静かに聞いた。 「大丈夫?」 「ええ、大・丈・夫・です」 彼女の震える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.23」 ~ エンゲージリング ~

『運命の扉 NO.23』 ~ エンゲージリング ② ~ 「どうしちゃったの?」 私は彼女の左手の薬指に婚約指輪がまだ輝いているのに、安心しながら彼女に尋ねた。 顔色も悪くない・・・、人相も悪くない・・・、痩せている様子も無い。 私は一先ずホッとした。 「あの・・・、くだらなくて、あまりにもくだらないので・・・、 こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.23」 ~ エンゲージリング ~

『運命の扉 NO.23』 ~ エンゲージリング ① ~ 彼女の前髪をかきあげた左手の薬指には婚約指輪のダイヤモンドが夕陽を受けて 輝いていた。 彼女は3年くらい前に初めて私の所に鑑定に来た。 3年間で六回鑑定に来ているので、大体半年に一回は彼女に私は会っている事になる。 又彼女は筆まめと言うか、メールまめだったので、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.22」 ~ 天使の盾 ~

『運命の扉 NO.22』 ~ 天使の盾 ③ ~ 彼女は私の連絡を待っていた。 彼女も私に、彼との接触を頼んだ時から分かっていた。 もう二人では、どうしようもないという事を・・・。 そして自分ではコントロール出来ない自分の心を持て余していた。 再び訪ねて来た彼女に私は静かに言った。 「いい男性(ひと)だね~、彼は・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.22」 ~ 天使の盾 ~

『運命の扉 NO.22』 ~ 天使の盾 ② ~ 彼はその後、今の会社の引継ぎをしながら、休みの度に田舎に帰り 御両親のお世話をしながら向こうでの就職などを勧めてきた。 彼が東京にいる間、彼の田舎の御両親を守ってくれたのは、小学校の同級生で 幼馴染だった看護士の女性だと言う。 「僕は・・・、彼女と結婚しようと思っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.22」 ~ 天使の盾 ~

『運命の扉 NO.22』 ~ 天使の盾 ① ~ 「そんな気持ちで子供を生んでは絶対駄目!」 「でも生みたいんです!彼の子だから!」 「辛いかもしれないけど現実を見なきゃ!貴方は彼と別れたんだよ!彼はそんな事しも・・・、 もう戻ってこないんだよ!」 彼女の涙は止まらなかった。 私も厳しい事を言っているのも、承知していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.21」 ~ 年下の男の子 ~

『運命の扉 NO.21』 ~ 年下の男の子 ③ ~ 「何だか私、彼と結婚したいのか、ただ単に結婚をしたいのか、分からなくなっちゃた」 「人には色々家庭の事情も有るし考えもあるから一概には言えないけど、まずどうして 30歳までに結婚したいのかも、考えた方がいいと思うよ」 私は30代になって焦りが無くなった女の子達の話をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more