テーマ:天使

「運命の扉 NO.22」 ~ 天使の盾 ~

『運命の扉 NO.22』 ~ 天使の盾 ③ ~ 彼女は私の連絡を待っていた。 彼女も私に、彼との接触を頼んだ時から分かっていた。 もう二人では、どうしようもないという事を・・・。 そして自分ではコントロール出来ない自分の心を持て余していた。 再び訪ねて来た彼女に私は静かに言った。 「いい男性(ひと)だね~、彼は・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.22」 ~ 天使の盾 ~

『運命の扉 NO.22』 ~ 天使の盾 ② ~ 彼はその後、今の会社の引継ぎをしながら、休みの度に田舎に帰り 御両親のお世話をしながら向こうでの就職などを勧めてきた。 彼が東京にいる間、彼の田舎の御両親を守ってくれたのは、小学校の同級生で 幼馴染だった看護士の女性だと言う。 「僕は・・・、彼女と結婚しようと思っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.22」 ~ 天使の盾 ~

『運命の扉 NO.22』 ~ 天使の盾 ① ~ 「そんな気持ちで子供を生んでは絶対駄目!」 「でも生みたいんです!彼の子だから!」 「辛いかもしれないけど現実を見なきゃ!貴方は彼と別れたんだよ!彼はそんな事しも・・・、 もう戻ってこないんだよ!」 彼女の涙は止まらなかった。 私も厳しい事を言っているのも、承知していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more