≪人間の本質と蜘蛛の糸≫

≪人間の本質と蜘蛛の糸≫ こういう非常事態になると、普段見えていなかった本当の各自の本質が現れてくる。 所謂『地が出る』。 東日本大震災の時もそうだった。 人は誰しも良い時は余裕もあるから、他人に対しての気遣いも充分に出来るが、自分に余裕がなければ、そうそう他人の事までは気が回らず、自我のままの動きになってしまうのは致し…
コメント:0

続きを読むread more

≪世界中の祈り≫

≪世界中の祈り≫ 今朝、6時頃にウォーキングをしながら青山墓地の桜を見に行った。 昨日がかなり暖かかったので、もしかしたら、もう満開に近いかと期待をして行ったのだが、 意外にもまだまだで、よく1本ずつの枝を見てみると、3分咲きから5分咲きといった感じだった。 しかし、明らかに自然界は春を迎えているようで、1ヶ…
コメント:0

続きを読むread more

≪世界が再び動き出す日≫

≪世界が再び動き出す日≫ インフルエンザもそうだが、毎回、様々なウイルスが発生しても、発生直後は大騒ぎになり、やれ「健診だ」の「予防接種」だのと、テレビでも報道されるが、何処かいつも他人事で普通通りの生活をしている間に、少し経つと、その話題のテレビ報道も少なくなり、身近でもいつしか話題にも上らなくなり、そして、いつの間にか収束して…
コメント:0

続きを読むread more

≪仲良し親子?≫

≪仲良し親子?≫ 私の子供の頃とは、今は生活スタイルも多様化し親子関係もかなり変わった。 所謂世間で言う、『仲良し親子』や『友達親子』が大変多い。 現に私の所に来ている鑑定依頼人が自分の鑑定の後、息子や娘を紹介して来る事も多く、「両親が進めてくれた」と言って、親から私の鑑定の話をじっくり聞いた後で依頼をしてくる。 私の子…
コメント:0

続きを読むread more

≪そして、誰もいなくなる前に・・・!≫

≪そして、誰もいなくなる前に・・・!≫ 私はアオサ海苔が好きで普段からスーパーで買ってみそ汁の具として食べているのだが、 そのアオサ海苔がなくなったので、週末買いに行くと、いつもは全く売れていないで山のように陳列されているアオサ海苔の棚にアオサ海苔が全くない。 訳も分からないまま、店員に聞いてみると、新型コロナウイルスの関係で…
コメント:0

続きを読むread more

≪収束に向かいつつ・・・≫

≪収束に向かいつつ・・・≫ 先週、鑑定にいらした方が鑑定の後、その方と少し世間話をしたのだが、 その彼が東京マラソンに今年やっと当選して、今年は参加できることを凄く喜んでいたが、今回の新型コロナウイルスのせいで、一般ランナーは走れないかも・・・、と言うより一般ランナーが参加出来たとしても、自分は参加するのを控えようと思っている事…
コメント:0

続きを読むread more

≪死んだらいい人? NO.2≫

≪死んだらいい人? NO.2≫ 自分と出版社の人はその後、居心地の悪い状態の中、1時間半くらい我慢して周囲の会話を聞いていたが、話の内容もある程度分かったので帰る事にした。 それで一応、故人の両親に一言お悔やみを言って帰ろうとすると、 故人の父親は俯いたまま頭を下げただけだったが、すぐに母親は立ち上がり、「本当に申し訳ありませ…
コメント:0

続きを読むread more

≪死んだらいい人? NO.1≫

≪死んだらいい人? NO.1≫ 最近友人と飲んでいて、珍しく少しシビアな話になった。 「仕事仲間が膵臓ガンで最近急に亡くなったんでお葬式に行ってきたんだけど、他人の事って本当に分からないね~。凄く親しくしているつもりでも、本当にその人のほんの一部分しか知らなかったんだな~とつくづく思った!」 友人曰く、 お葬式の会場で色…
コメント:0

続きを読むread more

≪明けましておめでとうございます!≫

≪明けましておめでとうございます!≫ 明けまして、おめでとうございます。 今年は東京オリンピックもあり、 一年を通して、沢山の「おめでとう!」と 沢山の「頑張った!」が溢れる一年になると素晴らしいですね。 私を含め、オリンピックに参加しない人達にも 様々な沢山の感動を与えてくれることを大変期待しています。 今年一年…
コメント:0

続きを読むread more

≪介護が家族を崩壊させた! NO.3≫

≪介護が家族を崩壊させた! NO.3≫ とにかく、一応、彼女が全員の鑑定をしてくれという事だったので、私は黙々と彼女に全員の鑑定結果を話した。 鑑定結果を見ても、特に物凄く偏った運勢を持つ方は一人もいなかった。 ただ、彼女の妹は早くから独立心も強く好奇心旺盛で、生まれた場所を離れる運がしっかり出ていて、両親ともあまり縁がなく、…
コメント:0

続きを読むread more

≪介護が家族を崩壊させた! NO.2≫

≪介護が家族を崩壊させた! NO.2≫ 彼女曰く、父親の両親だったお爺さんとお婆さんは自分の子供達が大変仲も良く、皆が長い間近所に住んでいるので、自分達が亡くなった後、揉める事なんて全く想定していなかったようで、彼女の父親が長男で実家にそのまま住んでいたためで、書類上では彼女の父親に自分達の全ての財産を相続させたが、「兄弟姉妹の誰…
コメント:0

続きを読むread more

≪介護が家族を崩壊させた! NO.1≫

≪介護が家族を崩壊させた! NO.1≫ 「もう家族はバラバラなんです!家族内で弁護士を各自立てていて、簡単に家族同士で話す事も出来ないし・・・、ほんの1年くらい前までは本当に仲が良い家族だったんです・・・、もう疲れました。・・・本当のところ、もう縁を切りたい・・・」 そう言って、彼女は重い荷物をおろすように大きく肩を落とした。 …
コメント:0

続きを読むread more

≪失敗を恐れる NO.2≫

≪失敗を恐れる NO.2≫ それを聞いて、私はそう言えば、彼が今の仕事に対して疑問があると言って他に何かやりたい事を捜し始めたのも、その頃だった事を思い出した。 私は成程と思った。 彼の話は続いた。 「それも会社のみんなが居る前で怒られて・・・、自分的には立場がないって言うか、居たたまれなかったと言うか、その時の事を今でも思…
コメント:0

続きを読むread more

≪失敗を恐れる NO.1≫

≪失敗を恐れる NO.1≫ 失敗する事でしか人は成長できない。 私は本当のところ、これは20代までと思っていて、「まだ若いから」とか「初めての挑戦なんだから」とか、20代なら自分でもいい訳もいくらでも付けられるし、周りも当たり前のように許してくれるが、30歳を過ぎると、「20代で経験しなかった?」とか「もうそろそろ一人で完璧に出…
コメント:0

続きを読むread more

≪可愛い依頼人 NO.2≫

≪可愛い依頼人 NO.2≫ それで、私は四柱推命鑑定からの彼女の両親の持っている基本的な性格を例え話をしながら彼女が分かり易いように話した。 やはり彼女は私が「パパはこういうところがあるよ」「ママはこうだよ」と話をするたびに、現実の父親や母親の言動を照らし合わせて具体的に話しながら、「よくパパはその行動をしている!」とか「ママは…
コメント:0

続きを読むread more

≪可愛い依頼人 NO.1≫

≪可愛い依頼人 NO.1≫ 彼女の母親は私の鑑定依頼人で母親とは5年くらいの付き合いになる。 彼女には14歳と13歳の年子の姉と兄がいて、彼女は少し期間があって生まれたので、 今年10歳になる。 彼女の母親は日本人だが、父親はフランス人なので、彼女はハーフという事になるが、彼女の兄弟姉妹は長女と彼女の顔は日本人的で、真ん中の…
コメント:0

続きを読むread more

≪今時の生き方 株男 NO.2≫

≪今時の生き方 株男 NO.2≫ その彼が最近になって、又鑑定予約を入れて来た。 相変らず株の方は順調のようで、彼の貯金額は3億円近くになると本人が言っていた。 そして、8ヶ月ぶりくらいに会った彼は、前以上に凄く元気そうで、今回は日焼けもしていて、そのせいか身体も前よりも引き締まって見えた。 「今日は、今まで先生に一度も聞い…
コメント:0

続きを読むread more

≪今時の生き方 株男 NO.1≫

≪今時の生き方 株男 NO.1≫ インターネットがあるおかげで、今や自分で経験しなくても、さも自分で経験したかのように語れるくらいの情報が毎日沢山インターネット上に更新されている。 私の所に鑑定に来ている33歳の男性と、ある話題で話をしていると、その話題について物凄く彼が詳しかったので、 私が「やったことがあるの?」と聞く…
コメント:0

続きを読むread more

≪自分の子を叱れない母親 NO.2≫

≪自分の子を叱れない母親 NO.2≫ とうとう彼女の子供は泣き始めた。 それでも、彼女はまだ同じ行動を続けていたので、私は意を決して、少し大きめな声で 「泣いたら駄目!」と言った。 その私の声に驚いたのは彼女の子供以上に彼女で、彼女はその場で立ち尽くして、子供は少し引きつりながら泣き止んだ。 「何をしたいの?」と私が言うと…
コメント:0

続きを読むread more

≪自分の子を叱れない母親 NO.1≫

≪自分の子を叱れない母親 NO.1≫ 初めて彼女の鑑定をしたのは彼女が妊娠中だった頃。 彼女の鑑定結果は兎に角、真面目、そして自我が物凄く弱く、人に従い易い。 しかし、彼女は夫運も良く女性なので夫に従い易いという点では良妻賢母そのもので 彼女は30歳で結婚して、翌年妊娠をして、32歳で子供を産み、鑑定通りの人生を歩んで …
コメント:0

続きを読むread more