「運命の扉 NO.24」 ~ 出会いと出会うために ~

『運命の扉 NO.24』 ~ 出会いと出会うために ②~

毎日占い鑑定をしていると、
20代と30代以上の決定的な悩みの違いは『出会い』にある事に気付かされる。

20代の女性の悩みは『結婚相手に出会えない』という事で
30代以上の女性の悩みは『出会い、そのものが無い』という事なのだ。

自分の事をちょっと思い出して頂ければ思い当たるだろうと思う。

20代の時は無防備の上に好奇心旺盛で、誰彼も無く誘いも多く誘われれば何処にでも
顔を出し、スケジュール帳を見れば毎夜いっぱいで本当に毎日を忙しく過ごしていた。

怖い者知らずでチョットやそっとの恋の痛みなど「ヘ」でもないと思い、
傷ついている傍から次の恋が順番待ちのようにわんさか溢れ出していて、
自分が何人いても足りないくらい華やいだ毎日だった。

それが30歳を切っ掛けに何かが変わってしまった。
恐れや焦りや不安から解放されてすっかり楽になったと言うか開き直った瞬間に
違う自分が作られ始めた。

いつものように周りは流れているはずなのに自分の中の何かが変わって一歩が
踏み出せない。
ふと気が付けば合コンの誘いが少なくなって、たまに誘いがあっても上司との
つまらない接待に似た疲れるだけの飲み会。

チョット男性と知り合っても、臆病になっているせいか会話も行動もぎこちない、
まったく男性の気持ちが分からない。
自分が傷付きたくない一身で亀のような甲羅に身を包み、どうでもいいプライドで飾り立て
訳の分からないイイ女ぶって、遠慮がちにタバコをふかし
幹事さながらの名脇役を演じ始める。
体力的にも毎日スケジュールを入れるのがしんどくなる。
一度出不精になるとすっかり出掛けるのが億劫になる。

そのうち20代で着れていた服がきつく感じる頃、家と会社の往復だけを毎日している事に
気付く。
しかし気が付いても、短時間で身に付いた習慣は変えられそうで簡単には
何故か変えられない。

決して30歳になった女性が全員が全員そうではない。
しかし30代過ぎの女性なら誰でも少しは思い当たるだろう。
少しずつ、少しずつ、社交界から離れて行く。

これじゃ、『出会いに出会える』筈なんてある筈が無い。

「この前、会社の男性以外と飲みに行ったのは何時(いつ)だろう?」
「ここ最近、独身の人と全然話していない!」
「会社の男性以外と会話するのって、毎朝会う近所のおじいちゃんくらいかな~」

彼女達の話はチョット大げさな気もするが、現実に本当に近い話なのである。


③につづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック