「運命の扉 NO.25」 ~ 転職と適職 ~

『運命の扉 NO.25』 ~ 転職と適職 ① ~

仕事に関しての相談は今や恋愛相談を抜く勢いで多くなっている。
時代が時代だからなのか?

まず「このまま、この仕事のままでいいのか?」に始まり、
「私の向いている分野は何か?」があり、
「人間関係が上手くいかない!」から「転職したい!」まで。

最近では独身女性以外でも夫の仕事の将来の不安からか、
「彼は今の仕事が向いているのか?」から「自分も働きたい!」等、
仕事に関しての相談は尽きない。

今は結婚か仕事か選ぶ時代じゃない。
当然の如く結婚しても仕事を続ける女性が殆どで、昔みたく趣味とか暇つぶしで
働きに出ているよりは、生活のためと言う人が多くなった。

主婦でも子供から解放されると同時に、短い時間でも出来るバイトやパートに
急いで出掛ける人も少なくない。

そこに又「仕事を半年前に辞めたまま、仕事が決まらない!」のハローワーク組や
「就職できないから、このままバイト暮らしになるかも・・・」と泣きながら言う大卒組も
揃っている。

本当に就職難だと感じる。
贅沢なんか言っていられない状態なのである。

派遣の紹介で働いている女性達も年齢を含めて次の仕事が確実にあるかどうか
判らないので、仕事を変えたくても変えられない状態だと言う。
派遣会社のスタッフの意見も確かに厳しい。

私の周りにも独立して個人事務所を開いた人が何人もいるが、彼らが従業員やバイトを
募集して驚いたと言う。
凄い経歴の持ち主が面接にやって来るというのだ。

とても彼らの会社では雇えないようなキャリアを持っていながら
「お茶汲みでも何でもやります!」とビッシリ決まったスーツに身を包んで、
矢を射るような瞳でヤル気満々に見詰められても躊躇するばかりだと言う。

「いいじゃない、直ぐ即戦力になるんじゃないの!」
「そう簡単に言うけど、今のうちのメンバー若い奴等ばかりで、彼女を使いこなす事は
絶対無理だし、大体ただの事務員を募集したんだよね」
本当になかなか難しい。

年齢もかなり大きなポイントとなる事も確かだ。
歩合制の営業を除けば、未だに日本人の感覚では年齢が上がればそれなりに給料は
高くなるというイメージが付きまとう。
だったら20代で何も出来なくてもいいから、素直に何でもやってくれる子の方が
教えがいがあると言うものだという事になる。
雇う側も雇う側で苦労があるのだ。


②につづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック