『今、話題の人 NO.3』

≪今、話題の人 NO.3≫

[コブクロ 黒田俊介 小渕健太郎] S52年3月18日  S52年3月13日

(略歴)
1998年、路上ライブで出会った二人はサラリーマンだった小渕さんが翌年会社を辞め、
本格的に音楽活動を始める。インディーズ時代からオリジナルは40曲を超え、
2000年8月にはZeppOsakaでの単独2Dayライブ、厚生年金会館芸術ホールでの
単独2Dayライブを成功させ、インディーズ時代3枚のアルバムを発売した後、2001年春、
ワーナーミュージックジャパンよりメジャーデビュー。


今回は今一番注目されているミュージシャンのコブクロの二人を取り上げてみたいと
思います。
コブクロの二人は生年月日と生まれた時間の4つの柱のうち生まれた年と生まれた月が
同じなので年柱と月柱は全く同じになり、又日柱の日干が特別の関係にあり
四柱推命占い鑑定的にも大変勉強になる間柄になっています。

黒田俊介さんは四柱推命占い鑑定の五行十干で言いますと、
木の五行の甲(大木)が中心となり3月(春)生まれですので『春の大木の人』となります。
木の五行の大木の人は基本的に太陽と水のバランスと豊かな土地が必要となり、
暑すぎれば枯れ水が多ければ腐り、又枝葉が多いようでしたら剪定(せんてい)する必要も
あります。太く真っ直ぐ育ち沢山の方々にその大木を流用してもらう事が使命とされています。

小渕健太郎さんは四柱推命占い鑑定の五行十干で言いますと、
土の五行の己(田園の土)が中心となり3月(春)生まれですので『春の田園の土の人』と
なります。土の五行の田園の土の人は基本的に太陽と水のバランスを大切にし、
良い土壌にて米や麦や野菜などの作物を沢山作り上げる事を使命としています。

このことで分かりますように二人とも太陽と水のバランスが一番大切になりますが、
年柱に太陽を持ち月柱に水があり、黒田さんの方は3月の春生まれで木のパワーは
初めから強く、又小渕さんも年柱と日柱にしっかり根を持つので3月の春というより季節が
初夏に近い状態になり土のパワーが強い時期になっています。

注目する点は少し専門的になりますが『お好き同士の関係』と言うのが
四柱推命占い鑑定にはありまして、良い言い方をしますと凄く仲が良いとか離れがたい間柄
とかになり、悪い言い方をしますと腐れ縁で駄目なのにどうしても許してしまう間柄と言うのが
これで、まさに二人の関係がこの『お好き同士の関係』になっていることです。
これは四柱八文字の中心となる日柱の一文字だけを指して言いますが、
二人の気のパワーが同じくらいであれば良い方に出ることが多く、どちらかが強かったり
弱かったりすると悪い方に出ることが多くなります。
二人の場合、気のパワーは同じくらいと考えられ大変良い関係になっていると思われます。

黒田さんにとって小渕さんと組んだ事は今まで行き場のなかった有り余った力を出せる場所
や自分を育てたりする場所を見つけたことに当たり、
小渕さんにとっては黒田さんと組む事によって大きな仕事と人格構成の場を見つけたことに
当たります。
大地がなければ木は育たず、木がなければ田園の土は意味を成さないという事です。

又持って生まれた運に加わり運の流れも、黒田さんは24歳から、小渕さんは22歳から、
しっかりした水源を持つ水が入り太陽とのバランスが大変良くなっているので、
二人が出会ったことでお互いの持っているそれぞれの違うパワーが相手を認めるという間柄
故によりパワーを持ち良い形で重なったと思われます。

二人にとってこれからの注意点としては二人とも水枯れする事が一番の問題点となり、
二人にとっての救いの水は人との繋がりの位置にあるのでファンとの交流を大切にし、
常にライブやコンサートなど直接人と接する事を一番に考える事が大事になります。

毎年の年運で多少浮き沈みはありますが、もし迷いが長じるような時こそ
初心忘れるべからずでファンとのコミュニケーションを大切にして下さい。

又黒田さんにおいては何事もしっかり計画を立ててからの行動を重視する事が大切で、
小渕さんにおいては早めの結婚をお勧めします。

今後も素敵な歌と素晴らしいハーモニーを私達に届けてくれる事を心からお祈りしています。


●貴方の中心となる五行十干は雅沙羅のホームページにて調べられます。
  是非参考にして下さいネ。  
  雅沙羅の四柱推命占い  http://www7a.biglobe.ne.jp/~gakuya/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック