テーマ:独立

「運命の扉 NO.37」 ~ 独立という名の孤独 ~

『運命の扉 NO.37』 ~ 独立という名の孤独 ②  ~ 今まで少し投げやりで横柄な態度だった彼が私の叫んだ言葉と呆れ顔に 何を言いたいのか察して、急にシュンとなって肩を落とした。 「鑑定の結果を言う前にちょっと聞きたいんだけど、まだ会社起こして3ヶ月も経っていない のにいいの?判断しちゃって! 普通、会社起こしたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運命の扉 NO.37」 ~ 独立という名の孤独 ~

『運命の扉 NO.37』 ~ 独立という名の孤独 ① ~ 扉を開けた男の顔は疲れきっていた。 と言うより、見える印象が少しみすぼらしかった。 生えかかった無精髭がまばらに彼の顎を覆い、ボサボサの頭が今の彼の状態を よく現している。 いつの間にか身なりにも気を使わなくなってしまった。 ただし本人がそんな事には全く気が付いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more